このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

10月からXiやLTEのパケット定額が変更 契約も変えるべき?

2012年10月02日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 XiやSoftBank 4Gといった各社の高速モバイルデータ通信サービス。サービス開始から現在まで、キャンペーンとして割引が行なわれたり、通信量の制限が緩い状態で利用できていたが、10月1日からは一斉に本来の料金、制限に移行する。具体的にどんな変更があるか、まとめて紹介していこう。なお、ここで紹介していない、3Gオンリーのパケット定額などには、特に変更はない。

割引価格が終了し、7GBの上限が生じるドコモ「Xi」
3GB上限でいいなら、これまでと同じ料金で利用可能

 最初はドコモの「Xi」から。Xiでの対応策については、ASCII.jp内の「お得なのは今月まで! Xiユーザーが9月中にやるべきこと」に詳しく掲載している。

 まず、2012年9月まで適用されてきた「Xiスタートキャンペーン2」が終了する。これにより、Xiスマートフォン向けのパケット定額で最も一般的な「Xiパケ・ホーダイ フラット」は、これまでの月4935円から月5985円に、実質1050円値上がりする

10月からはキャンペーンが終了し、通常価格に戻る。とはいえ、ユーザーには値上げという印象だろう

 また、これまで制限がなかった通信量の上限が7GBに設定され(Xiと3Gは区別されずに合算される)、それを上回った場合は送受信とも最大128kbpsに制限される。この速度制限を解除する場合は、2GBごとに2625円が必要だ。

 ただし、ドコモは10月1日から新しいパケット定額プランを用意している。新プランの「Xiパケ・ホーダイ ライト」は、上限を3GBとする代わりに料金は月4935円のままだ(3GBを超えた場合の制限は同じ)。ヘビーユーザーでないなら、こちらがオトクである。

上限が3GBになるかわりに、料金はこれまでと同じ月4935円の「Xiパケ・ホーダイ ライト」

 自分がどれくらいデータ通信を用いているかは、「My docomo」から確認が可能だ。My docomoではフラット系のパケット定額を用いていても、通信量がチェックできるので、3GBに程遠いのであれば「Xiパケ・ホーダイ ライト」への変更を検討すべきだろう。スマホ単体でしかデータ通信を利用しておらず、Xiや3G回線で動画はあまり見ていないのであれば、3GBに収まっている可能性は高い。

My docomoからは1ヵ月の通信量をチェックできる。まずはここからだろう

 なお、パケット定額は基本プランと異なり、日割りでの計算にはならない。そのため、10月から適用したいのであれば、9月中に前述のMy docomoやドコモショップで変更を申し込む必要がある。早急な決断が必要だ。

 データ通信端末向けのXiプランについても、細かな料金については違いがあるが、キャンペーン価格の終了と、7GBの上限設定は基本的に同じだ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART