このページの本文へ

アスースでもエイサスでもありません

えっ!? ASUSはこれから「エイスース」なの?

2012年09月28日 12時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マザーボードの人気メーカーとして活躍し、現在ではノートパソコン/タブレットでも世界トップブランドの実力を誇る「ASUS」(社名はASUSTeK Computer)。

ノートパソコンでも世界的に知られるようになったASUSブランド

 その日本語での読み方には、以前は「英語圏では……」「社員の人は……」という感じで諸説あったわけだが、日本法人が「アスース・ジャパン株式会社」という社名であることから、すでに決着がついた問題と思われていた。

 ところがここに来て、同社から以下のような文面のリリースが送られてきた。

 ASUSTeK Computer Inc.の略称およびブランド名である「ASUS」の呼称について、10月1日(月)より「エイスース」に統一させていただくことをご案内申し上げます。

 また、ASUSTeK Computer Inc.の日本法人である「アスース・ジャパン株式会社」は、「ASUS JAPAN株式会社」に社名変更します。 「エイスース」への呼称の変更理由は、グローバルでの発音の統一とA+の企業を目指すという思いからです。

 ASUSおよびASUS製品を記事等でご紹介いただく際は、これまで通り「ASUS」と英字で表記いただき、カタカナ表記または読み方が必要な際は、「エイスース」と表記ください。

 今後ともASUS製品をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。


 とのことである。読み方論争に再度の幕が下ろされることになった。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART