このページの本文へ

「Windows Server 2012」の発売記念イベントをFreeTで開催

2012年09月22日 16時47分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月5日に正式リリースされたマイクロソフトの最新サーバーOS「Windows Server 2012」。その発売記念イベントがPC DIY SHOP FreeTで開催された。

PC DIY SHOP FreeTで開催されたWindows Server 2012発売記念イベント。ASCII.jp編集部の大谷イビサ(写真左)が登壇し、主な機能を紹介したインターフェースが新しくなったWindows Server 2012を実際に操作し、Windows Server 2008 R2との違いなどを解説した

 トークセッションにはASCII.jp編集部の大谷イビサが登壇し、Windows Server 2012の機能説明や、Windows Server 2008 R2との違いなどを解説した。

Windows Server 2012は、仮想化が強化されたのが最大の特徴だ
ガラリと変わったWindows Server 2012の画面。従来のWindows Serverに慣れていると一瞬驚いてしまうが、Windows Server 2012にはモダンスタイル(旧メトロスタイル)のアプリケーションがほとんどないので、アプリケーションに関しては従来の操作がそのまま使える
[Windows]+[X]キーで、主要なアプリケーションがスタートメニューのように表示される。Windows Server 2012では、これを活用するのがポイントとなる[Windows]+[C]キーでチャームと呼ばれるランチャーが画面右に現れる。シャットダウンはここから行なう
タッチパネルでWindows Server 2012を操作するPC DIY SHOP FreeTの森田氏。マウスカーソルを画面の端に持っていけばメニューが表示されるのだが、さすがに指での操作は少々コツがいるようだったWindows Server 2012のバンドル版パッケージを披露する森田氏。厚紙でできた無骨な封筒のなかにディスクが入っているあたりが、いかにもバンドル版かつサーバー向け製品といった感じだ
ライセンスは全部で4種類。すべての機能が使えるのがDatacenter。FoundationはプリインストールモデルなどのOEM供給に限定されるWindows Server 2012では、Intel製CPU「Itanium」と、LANの伝送規格「TokenRing」は非サポートとなった
「Intel SSD 320シリーズ(120GB)」が2名に当たるじゃんけん大会を実施。じゃんけんに負けても、イベント参加者全員にロゴ入りUSBハブがプレゼントされたトークセッション終了後も、多くの参加者が残って実機で新インターフェースの操作性などをチェック。企業向けOSなので、あまり一般ユーザーにまで情報が伝わっていないこともあり、ASCII.jp編集部の大谷には参加者から多くの質問が浴びせられていた
PC DIY SHOP FreeTの2階ではWindows Server 2012 Standardをインストールしたマシンを展示中だ。気になる人はデモ機をチェックするといいだろう同店では、Windows Server 2012 StandardをインストールしたXeonマシンも販売中だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中