このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows 8を搭載! Modern Style UIも快適に使える

写真で見る、変形する新型レッツノート「CF-AX2」【更新版】

2012年09月26日 14時00分更新

文● 小林 久/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 8を搭載した新Let'snote AX2シリーズが登場した

 パナソニックは26日、Windows 8を搭載し、マルチタッチにも対応する「Let'snote CF-AX2」シリーズを発表した。価格はオープンプライス。10月26日から順次販売開始する。

 搭載するCPUやチップセット、Officeの有無などで複数のモデルがある。店頭での販売価格は、16万円から25万円程度になる見込み。

薄さ18mmでタッチパネル搭載のLet'snote AX2が登場
斜めから見ると、薄さをより強く感じる。ヒンジ部分は金具の左右に回転軸があるタイプとなる

 また、他のLet'snoteシリーズと同様に、直販サイト“マイレッツ倶楽部”で、高容量SSD、Xi搭載、カラー天板など、ネット限定仕様のモデルが選べる。

Let'snote初のUltrabookは、
柔軟なスタイルで使える“ハイブリッドモバイル”

 発表されたCF-AX2は、Let'snoteシリーズでは初のUltrabookとなる。

 フラットな本体は18mmと薄型で、重量も約1.14kgと軽量。11.6型の液晶ディスプレー(解像度1366×768ドット)を採用するなど携帯性を重視した製品だ。現行のLet'snoteとしては、最も小型かつ薄型の機種だが、100kgfの加圧振動試験や76㎝動作落下を始めとした拷問テストをパスした、高い堅牢性を持つという。

ディスプレーが180度に開く。でもここまでは一般的なノートと同じ
なんと反対方向に倒して、ピュアタブレットのようなスタイルになるのだ

 特徴的なのは液晶ヒンジ部。ほぼ360度回転させることが可能で、天板を閉じた状態から、徐々に開いていき、最終的には液晶ディスプレーを完全に裏返せる。ノートPC的な活用もピュアタブレット的な活用も可能だ。タッチパネルは静電容量式で最大10ポイントまで検知できる。画面表示は横位置だけでなく縦位置にももちろん対応する。

パソコン本体の充電をしながら、交換用バッテリーの充電もできるアダプターが同梱する

 長時間のバッテリー駆動時間はLet'snoteシリーズの魅力のひとつだが、今回は6.5時間駆動できる着脱式バッテリーに加え、3時間駆動のバッテリー(取り外し不可)が内蔵されている。これにより、標準で9.5時間駆動に対応するほか、別途充電して置いたバッテリーに交換することで、最大16時間の連続使用が可能な設計となっている。

バッテリーは取り外し可能なもの(写真)とは別にもうひとつ内蔵している。電源を入れたまま交換が可能であるため、バッテリーを換えながら長時間使い続けることも可能だ

 しかも、バッテリーはマシンの電源を落とさずに交換できる(ホットスワップ対応)。エントリー製品以外の2モデルには、本体に予備のバッテリーに加え、USB経由で本体と同時にバッテリーパックを充電できる“バッテリーチャージャー”を同梱。ACアダプターも手のひらサイズで、携帯に便利なウォールマウントプラグが付属する。

携帯性の高いACアダプターと、ウォールマウントプラグ

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART