このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第3回

今からでも始められる「LINE」! この人気アプリを徹底解説

2012年09月19日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 無料通話・メッセージアプリ「LINE」が急激にユーザー数を増やしている。日本国内で2800万人、世界中で6000万人を突破し、年内に1億ユーザーを目指すという。今回は、人気急上昇中有の「LINE」の使い方を紹介しよう。

色々なキャラクターのスタンプが用意されているのもLINEの魅力の1つだ
LINE App
価格無料 作者NAVER Japan Corporation
バージョン3.0.0 ファイル容量32.7 MB
カテゴリーソーシャルネットワーキング ユーザーの評価(2.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

LINE

作者:NAVER
価格:無料


無料通話・メッセージがいまさら大ブレイクしたワケ

 スマートフォンの通話料金が高いので、以前から無料通話アプリは存在していた。元祖「Skype」や面倒な登録作業が不要な「Viber」、IP電話として利用できる「050 plus」などだ。しかし、「LINE」は最後発ながら、ものすごい勢いで広まっている。

 「LINE」は韓国企業NAVERの日本法人が開発した。できることは、無料通話とメッセージのやりとりと従来のアプリと変わらない。しかし、端末内のアドレス帳を取り込むことで友だちと手軽につながったり、かわいいスタンプを利用できる点などが人気を集めているのだ。さらに、従来の新サービスはITに詳しい先進ユーザーから広まるのが普通だったが、「LINE」は学生や女性を中心にブレイクした。その口コミ効果がこの急激な成長を支えている。

アカウントを作成してアドレス帳を取り込む

 「LINE」は基本無料で利用できる。まずは、アカウントを取得し、使えるようにしてみよう。電話番号を入力すると、SMSで4桁の登録コードが届く。登録したら、アドレス帳を取り込むかどうかを選択。取り込んだら、友だちが自動的に登録され、すぐに利用できるようになる。

 取り込んだアドレス帳のデータはNAVERのサーバーに送信され、ほかのユーザーとマッチングを行なう。登録している相手が「LINE」を利用している場合、自動的に友だちとしてつながってしまう。元カレ元カノや上司など、つながりたくない相手ともつながってしまうので注意すること。そんな相手がアドレス帳に登録されている場合は、アドレス帳を使わずに、個別に友だちを登録するといいだろう。

アプリを起動したら「スタート!」をタップする。すでにほかの端末で登録済みなら、「メールアドレスで読込」をタップ電話番号を入力する
「番号認証」をタップする利用規約に同意する
SMSを送信するSMSが届く
SMSで届いた認証番号を入力し、「次へ」をタップする「確認」をタップする
アドレス帳を取り込む場合は「アドレス帳を利用する」をタップする。アドレス帳を取り込みたくない場合は「今は利用しない」を選ぶ名前を入力し、アイコンに使う写真を選択する
「登録」をタップするメールアドレスなどのプロフィールを登録する。後で登録できるので、スキップしてもいい
アドレス帳のデータを元に、友だちが表示された

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART