このページの本文へ

気分は特撮ヒーロー! 腕時計タイプのBluetoothガジェット

2012年09月13日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクやスピーカーを備え、腕に巻いたまま通話できるという腕時計型のBluetoothアクセサリー「Bluetooth Watch with Caller ID」が登場。イオシス アキバ中央通店やビートオン秋葉原店など、イオシス各店で販売中だ。

腕時計で通話する“特撮スタイル”がついに実現か!ノーブランドながら多機能なBluetoothガジェットが発売された

 スマートフォンとペアリングして音声通話ができるという、腕時計型のBluetoothアクセサリーが登場。昔憧れた(かもしれない)特撮ヒーローのようなスタイルで会話できる魅力的なアイテムだ。

 これまでもSONYの「SmartWatch」をはじめ、腕時計型のBluetoothガジェットはいくつか発売されている。しかし、それらのほとんどは着信通知やメール、Twitterの簡易閲覧などが昨日の中心で、実際にスマートフォンの通話に使用できるものは意外に少なかった。それを考えれば、今回発売されたBluetooth Watch with Caller IDは「情報表示はどうでもいいから腕時計で会話させてくれ!」という願望の持ち主にとって、注目のアイテムかもしれない。

本体とバンドは側面のボタンを押すことで分離できる。本体だけをポケットにいれて持ち歩くという使い方も面白そう

 外観はほとんど腕時計だが、フタを開けると小型の液晶と番号ボタン、着信応答ボタンなどが並んでいる。ノーブランド扱いの製品ながら日本語のマニュアルが同梱されており、それを見るに電話帳同期や通話発信にも対応しているようだ。時計表示も可能なため、普段は腕時計代わりに使うこともできるだろう。もちろんバイブレーション機能も搭載されているため、着信をうっかりスルーする心配も不要だ。

フタを開ければ携帯電話さながらのボタン配置が顔を出す。聞き取りにくい場合は、ハンドセットのように使うというスタイルもアリだとか
操作ボタンは側面の音量調節ボタンのみで、長押しなどを駆使してペアリングや電話帳同期に対応する。マイクは本体下部に、スピーカーはフタ部分に搭載されている

 また、時計部分にあたる本体は脱着可能。ショップスタッフによると「スピーカーの音量が未知数なため、通話時には取り外した方が使いやすいかもしれない」とのことで、小型のハンドセットとしての使い方も考慮できそうだ。さらにスマートフォン本体と10m以上離れた際に通知してくれる「置き忘れ防止機能」も搭載するなど、出自が怪しげな割にはなかなかに高機能。Bluetoothガジェット好きにも興味深い存在といえそうだ。

 イオシス各店における販売価格は9980円。気になった人は連休を利用してぜひ店頭に足を運んでみよう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART