このページの本文へ

リア充御用達の「チェキ」に新型! 白飛び効果で女子に最適化

2012年09月12日 19時34分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトな雰囲気の写真が撮れる
「ハイキーモード」を新搭載

 富士フイルムは本日、インスタントカメラ「instax mini 8 チェキ」のニューモデルを11月9日から発売すると発表した。価格はオープンだが、およそ8000円になる見込み。

世界で唯一のチェキカメラマン・米原康正さんと、イメージキャラクターの青色系モデルのみなさん(青色系:原宿などで見かける個性的なファッションをテーマにした雑誌)

 チェキは撮ったその場で名刺サイズの写真がプリントできるインスタントカメラで、1998年に登場して以来、10~20代の女性に「オシャレでカワイイ」と支持されている。最近のデジカメは高解像度化、高速連写、高感度レンズ、データをクラウド経由で共有など、どんどんハイスペック化しているが、その真逆を行くチェキはデジタル全盛だからこそ、アナログの温かみが受け入れられるのだろう。

白みがかったアーティスティックな写真が撮れるハイキーモードを新搭載チェキで撮った写真はこのように1枚1枚が思い出になるのが支持されている

 新しくなったチェキは、現行モデル(instax mini 7S)と比べて10%小型化し、枠の周辺までクリアに見える実像式ファインダーを採用したことで、視認性が向上している。また、明るさを4段階に調整できるモードと、絞りを2/3段開放した「ハイキーモード」を搭載したことによって、女性好みの明るくソフトな雰囲気の写真を撮ることができるようになった。

 また、カラバリもスタンダードなブラックとホワイトに加え、ピンク、ブルー、イエローの5色が用意されている。

ホワイトのイメージキャラクター、武智志穂さんブラックのイメージキャラクター・Unaさん
ピンクを担当する青柳文子さんブルーを担当するゆらさん
イエローのイメージキャラクター、瀬戸あゆみさん
清潔感で言うならホワイト!スタンダードだが、ちょっと小悪魔的なブラック
女の子に絶大な人気を誇るピンク夏っぽい雰囲気のブルー
強い主張はないが、持っていると目立つイエロー

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART