このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト ― 第39回

【ミクダヨーあり】

もうここからは落とせない! SUPER GT富士予選は7位通過

2012年09月09日 11時29分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤公丸、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ホームコースが牙を剥く!
厳しい戦いが予想される富士スピードウェイ

 前戦・鈴鹿サーキットで2度目のガス欠リタイヤを喫してしまったミクZ4。ポイントランキング2位から6位にまで転落してしまうというかなり深刻な状況に追い込まれてしまった。しかし、鈴鹿からエンジンのマッピング(燃料の噴射量の調整)を変更し、かなりパワーも上がって、上位陣についていく速さは手に入れた。1位とは12ポイント差だが、今年は2勝しているチームがなく、ポイントがバラけているので、まだチャンピオンに食らいついていけている。

 また、無念のミクZ4に代わって、鈴鹿1000kmを7位で完走したMirai Z4もドライバーのZ4に対する理解度も深まってきて、徐々に上位を狙えるようになってきた。

 最低でも表彰台に上って、少しでも1位との差を埋めたいミクZ4。ここから先はシングルフィニッシュでポイントを稼いでいきたいMirai Z4。2台の、そして4人のドライバーの反撃が、ここ富士スピードウェイで始まる!

 富士といえば、予選はBGMを流しながらタイムアタックをするスーパーラップ方式が一般的だったが、今回は時間内に規定の順位に入っていないと脱落してしまう、ノックアウト方式を採用した。なので、残念ながらミクの楽曲は霊峰富士に響かないのである。無念!

 朝の練習走行からポルシェやCR-Zなどがコースレコードを更新していく中、ミクZ4もMirai Z4もそんなに悪くはないタイムを刻む。なんせトップチームは1分40秒台を出しており、10位以内に入るためには、最低でも41秒台を出さないといけない超激戦。なんせ1秒間の中に軽く8台近くがひしめき合っているのだから。

 そんな中、ミクZ4は「1'41.820」で7位、Miarai Z4は「1'42.337」を出し11位で練習走行を終えた。その後のピットウォークでは、ミク界隈では超有名人となったミクダヨーさん(ミクの着ぐるみ)と、10月2日から放送が始まるゆるふわアニメ「うーさーのその日暮らし」のうーさー(別名:黄獣)が現われ、黒山の人だかりとなった。この様子を見て、トエトやピロリ菌などが出ていた時代を思い出し、懐かしい気分になった人も多いだろう。

SUPER GT 2012 第8戦・ツインリンクもてぎ
ミクZ4応援シート概要

開催日時
10月28日(日)
場所
ツインリンクもてぎ(現地集合・現地解散)
主催・運営
ASCII.jp
詳細
こちらの記事を参照
応援エリア
メインスタンド B席特設応援シート(予定)
申し込み先
キャラアニ
※本件は、アスキー・メディアワークスからチケット販売・決済業務をキャラアニに委託するものです。購入時にご登録いただいた個人情報は、チケットの発送およびグッズ引き渡し等の必要業務目的に限り、アスキー・メディアワークスおよびキャラアニにて使用します。
締め切り
9月30日24時まで(※都合により、これより早く販売終了する場合があります)

※こちらの商品は受取確認が必要なため、ご不在の場合ポストへの投函ができません。予めご了承ください。
※発送は10月12日頃を予定しております。お客様には10月13日、14日頃、商品到着予定となっております。
※観戦券は27日の予選も有効ですが、応援シートは28日のみの設置です。27日(土)は自由席扱いとなります
※売上金の一部はチームの運営資金に充てられます

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社