このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

電アスレース部、鈴鹿50周年イベントでメロメロ

祝! 鈴鹿サーキット50周年の歴史を現地で見てきた

2012年09月13日 18時00分更新

文● 末岡大祐、YK3/電アスレース部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本のレース文化を支えてきた鈴鹿
その半世紀の歴史を2日間で堪能する

 名実ともに伝統と格式のあるサーキットといえば、三重県の鈴鹿サーキットで異論はないだろう。世界最高峰のレース「F1」から、ミクZ4の出ているSUPER GTといったビッグレース、そしてショップの走行会まで、ありとあらゆるモータースポーツとともに発展してきたサーキットだ。

 そんな鈴鹿が今年、ついに50周年を迎えた。日本のモータースポーツを黎明期から見続けて50年。さまざまなドラマが生み出されたサーキットだからこそできるイベント「鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー」が9月1~2日にかけて開催された。

 二輪、四輪の往年の名車によるパレードランから、本気で踏んでくれるデモラン、激闘を繰り広げたドライバー、ライダーたちによるトークショー。歴代レースカーの展示などなど、鈴鹿サーキットを目いっぱい使って、2日間たっぷりと50年間を振り返った。そんなイベントに、電アスレース部のYK3とともに参加してきたのでレポートしよう。なお、レポートはスエオカ視点とYK3視点になるが、筆者は90年代後半からのハコ車好き、YK3は90年代前半のフォーミュラ好きと、見ているポイントが微妙に違う。共通点はふたりとも二輪(バイク、ロードレース)は見てこなかったこと。なので、ふたりとも偏っているレポートになっていることをご了承願いたい。

夢の対決や名車のデモランなどが見られることもあり、ビッグレースでもないのにグランドスタンドは満員!
イベント広場には50周年記念ショップから、GTなどでもおなじみのショップまで、多数出展

 いつもはGTなどでクルマで来る鈴鹿だが、今回は公共交通機関を使ってきた。F1のときも電車とバスだが、F1と違ってゲート正面までバスが来てくれることに感動。しかし、最寄り駅から鈴鹿までの直行バスが少ないことにガッカリと、イベントが違うとまわりの環境も違いますねえ、とYK3とブツブツ言いながら鈴鹿のゲートをくぐった。

フォーミュラカーからルマンで戦ったCカーまで、名車たちがずらり勢揃い。レースファンならよだれが出ちゃう!

 個人的な興味はやはりハコ車、伝説のレースカーたちのデモランである。中嶋 悟選手と星野一義選手のライバル一騎打ちにも目が行ったが、スカイラインGT-Rや、チャージマツダ787B、そしてハコ車ではないがマクラーレンMP4/4などが目の前で走るのは胸が熱くなる。とくにプレスの特権を活かして、レースカーに接近できてしまうなんて、この仕事やってて良かったあ(笑)。

 まずピットに行ってみると、いるわいるわ、名車たちが! フォーミュラカーもハコ車も、その昔どこかで見たことがあるマシンたちが、出番を今か今かと待っていたのだ。中にはグランツーリスモシリーズなどでしか見たことのないマシンもあって大興奮。もちろん、それらのマシンを駆った名ドライバーもいた。

F1セナ・プロ時代のマクラーレンホンダ MP4/4とMP4/5。とくにMP4/4(1988年)は16戦中15勝という、とんでもない記録を打ち立てた。ホンダターボは1500ccで1500馬力出ていたのでは、と言われるほど強烈で、この年を境にターボは禁止となった。MP4/5はNAエンジン。こんな伝説のマシンが惜しげもなく走ってしまうのだ
こちらは歴代ロードレースのマシンを展示&デモラン。エヴァレーシングのマシンも展示されていた
中嶋・星野対決も、鈴鹿50周年だからできるイベントだ
スーパーカーといえば、ロータスヨーロッパ! サーキットの狼だトヨタ・スポーツ800(ヨタハチ)が走っているところなんてなかなか見られない
どこから撮っても自分が映り込んでしまう、ロータスのレースカーその昔、(日野・ルノーを抜いて)日野唯一かつ最後の乗用車、コンテッサ。なんと駆動形式はRRだ
どのマシンもかなり古いのに、いまだに動態保存されているのは感動すら覚える
フロントマスクで一発でわかる、ジャガースカイラインRSスーパーシルエット。懐かしいと感じる人も多いだろう
悪魔のZで有名な、フェアレディZベースのレースカーauがメインスポンサーをしていた時代もありました。これはSUPER GTのスープラ(GT500)

一部車名に間違いがありました。訂正してお詫びいたします。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社