このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第54回

もしやお得?パノラマ写真も、魚眼っぽいのも撮れちゃうアプリ

2012年08月29日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する水曜日。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

360 Panorama App
価格85円 作者Occipital
バージョン4.2 ファイル容量4.0 MB
カテゴリー写真/ビデオ ユーザーの評価(4.0)
対応デバイスiPad 2 Wi-Fi+3G / iPhone 3GS / iPad 2 Wi-Fi / iPod touch (4th Gen) / iPhone 4 対応OSiOS 4.0以降

せっかく見られた素晴らしい光景
普通に撮るだけじゃ物足りない!

ぐるっと一周するだけでパノラマ写真が作れる「360 Panorama」

 iPhoneのカメラ機能の良さは、その手軽さにある。いつでもさっと起動して写真が撮れるだけではなく、アプリを使えばちょっと手の込んだ写真も簡単に作れてしまう。最近ではSNSなどにちょっとアップするような写真にも、一手間加えられていることが珍しくなくなってきた。それらの中では、普通に撮ったものを少々加工する程度では目立たないはず。そこで今回は、迫力ある360度のパノラマ写真を手軽に撮れてしまう『360Panorama』を紹介しよう。

 使い方は簡単。アプリを起動して、画面下の撮影ボタンを押すだけで撮影が始まる。細かい操作は必要なく、写真に収めたい景色をカメラ越しに映していけばいい。iPhone本体の高さは変えずにカメラを上下に傾け、グリッドの枠の中を塗りつぶしていくような感じで、風景が徐々に取り込まれていくのを確認しつつ、自分を中心にその場でぐるりと一周してみよう。周り終えて開始地点の景色とつながったら、もう一度画面下のアイコンを押せば撮影完了だ。ちなみに、一番撮りたい位置を背中にした状態で撮り始めると、撮りたい場所が中央になる。

アプリを起動して、画面中央下を押すと撮影が始まる。横に回りながら画面を上下させて、風景を画面に映していくような感じだ。一周したら、もう一度画面下中央を押そう。縦持ちでも横持ちでもどちらでも撮影できる
撮影できた360度パノラマ写真がこちら。腕前次第でグリッド余白が大きくなってしまうが、そこは努力でカバーだ(筆者もまだ要鍛錬……)。気になるときは別途写真加工アプリでトリミングすべし

撮った写真はTwitterに共有可
魚眼レンズで撮ったような写真も作れるぞ

 できあがったら、左右にくるくると回転させて仕上がりを確認しよう。撮影した写真はアプリ内のライブラリーに保存され、カメラロールに移動させることはもちろん、メールに添付して送ったり、ツイッターなどのSNSに投稿することもできる。また、写真を見ている画面で左上側にあるアイコンを押せば、魚眼レンズで撮ったような円形の360度写真も作成できる。なお、グリッドをていねいに塗りつぶしながら撮影せずとも、サッと撮りたいときなど、単に軽く回るだけでも撮影は可能だ。その場合、撮影しきれなかった上下のもやもやした境目部分は、黒か白色で自動的に補色してくれる。

魚眼レンズで撮ったような円形の360度写真も作成できるほか、背景の白/黒も変更できる。画像にメモを付けることもできるので、撮影場所などを書いておくといいだろう
作った写真はアプリメーカーのライブラリーにアップしたり、SNSやメールに添付することも可能だ。カメラロールに移したい場合は、ライブラリーから画像を選び、【Share】から【Camera Roll】を選べばいい

 旅先の風景や見晴らしのいい場所など、このアプリを使うだけで現場の雄大さや美しさを伝えることができる。SNSにアップするときでも、一味違ったパノラマ写真は周囲からのウケもいいはず。また、見慣れた部屋や職場もパノラマにしてみると独特の味わいになる。代わり映えのしない殺風景な職場も、パノラマ写真や魚眼写真にすることでいい感じに見える……かもしれません。


このアプリをオススメする覆面:ニッシーさん

 旅行や外出の多いリア充の私は、外で写真を撮ることが多い。このアプリは、女の子に受けがいいパノラマ写真が簡単に作れるので重宝している。いつもの場所もこれで撮ればおしゃれに見えるので、SNSに写真をアップしたり、メールに添付したりする機会が多い人は要注目だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中