このページの本文へ

モバイル開発機能を強化!Java SE 7にも対応

富士通、jQuery Mobileに対応したアプリケーションサーバー

2012年08月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月20日、富士通はスマートデバイス向けの開発を容易に行なえるアプリケーションサーバーの新版「Interstage Application Server V11」の販売を開始した。

 Interstage Application Server V11では、スマートデバイス用開発フレームワーク「jQuery Mobile 1.1.1」を組み込んだ。これにより、スマートフォンやタブレットのページ遷移や長いページでのタップに対するレスポンス向上を実現。スマートデバイス向けの快適なユーザーインターフェイスのアプリケーションを簡単に開発できるという。

 また、Javaの最新規約であるJava SE 7に対応し、Java SE 6などの旧仕様による既存アプリケーションの動作も保証するという。これにより、既存業務に手を加えることなく、これらと連携する新規業務を容易に追加でき、柔軟で段階的な業務の集約が可能になる。こうした特徴を持って、同社は「複数世代のJava、COBOL、C言語などで開発された業務アプリケーションを同時実行可能な、世界で唯一のアプリケーションサーバー」を謳う。

複数世代Javaアプリケーションの同一サーバ上での共存・連携を実現(同社サイトより抜粋)

  Interstage Application Server Enterprise Edition V11は280万円より(プロセッサライセンス)となっており、出荷は8月31日の予定。今後、同社のパブリッククラウドサービス「FGCP/S5」および「FGCP/A5 Powered by Windows Azure」でも随時展開していくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ