このページの本文へ

フュージョン・コミュニケーションズはIaaS型パブリッククラウド

「FUSION Cloud」がUbuntu 10.04とRHEL 5.8対応

2012年08月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月9日、フュージョン・コミュニケーションズはIaaS型パブリッククラウド「FUSION Cloud」の提供OS追加を発表した。

 FUSION Cloudでは、現在「CentOS 5.6 32/64bit(日本語/英語)」および「Debian 6.0 64bit」が利用可能だが、新たに、

  1. Ubuntu 10.04 32/64bit
  2. Red Hat Enterprise Linux 5.8 64bit

が追加される。

 なお、Red Hat Enterprise Linuxの利用に関しては、有効なサブスクリプションが必要で、その費用はユーザー負担となる。詳細は、同サービスのFAQを参照のこと。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ