このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第265回

夏の公園で偶然出会った美猫と“へちゃー”な猫

2012年08月10日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
樹の下でのんびりしていた美猫。近寄っても逃げないのでこちらも安心してアップで。目ヤニもほとんどない健康的な猫でした(2012年7月 オリンパス OM-D E-M5)
樹の下でのんびりしていた美猫。近寄っても逃げないのでこちらも安心してアップで。目ヤニもほとんどない健康的な猫でした(2012年7月 オリンパス OM-D E-M5)

 全然違う目的でカメラ持って歩いているとき、たまたま期待してなかった猫に出会うのってなかなか楽しい。暑さも忘れる。いや忘れないけど、これだけ暑いと猫の方も動きが鈍くなってて、ああ、誰か来たなあ、どうしようかなあ、でも暑くて逃げるのもかったるいしなあという顔で大あくびをしてくれたりするのがなんか乙なのだ。

うまくあくびの瞬間を捉えることに成功。まわりより20cmほど高い場所なので、こういうアングルも撮りやすいのだ(2012年7月 オリンパス OM-D E-M5)
うまくあくびの瞬間を捉えることに成功。まわりより20cmほど高い場所なので、こういうアングルも撮りやすいのだ(2012年7月 オリンパス OM-D E-M5)

 公園の木の下でのほほんとくつろいでいた猫。よく見るとわかるけどすぐ向こうは公園のベンチ。手前は私が歩いてきた通路。狭い場所なんだけど木の根元でほどよく涼しいんだろう。

 よく見ると美猫。耳がカットされてるのでちゃんと去勢もされているらしい。地域猫として世話されてるんだろうなあ(冒頭写真)。

 都内には公園がたくさんあるけど、どこにでも猫がいるわけじゃないし、猫がいてもそれを宣伝してくれるわけじゃないので普段行かない土地で会えるかどうかはほんとに偶然なのだ。

 地域猫として自治体やその地域に公式に認められているところもあれば(そういうところはたいてい張り紙などがあるのでわかる)、公式には認められてないけど事実上黙認されてるところもあるし、どうやらこっそり世話してるようだ、ってところもあるので言及はしないのだけれども、ここはまあ墨田区のとある大きな公園だ。

 一度見かけると、猫レーダーがアクティブになるので続々と見つかって楽しい。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART