このページの本文へ

日本ユニシスが販売開始を発表

SNSの口コミを集計!ビッグデータ分析共有「TopicStation」

2012年08月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月6日、日本ユニシスはソーシャルメディア上のテキスト情報などのビッグデータを分析し情報共有できるシステム「TopicStation」の販売開始を発表した。

日本ユニシス「TopicStation」

 TopicStationは、FacebookやTwitterなどのSNSや、クチコミサイト、ブログを始めとするソーシャルメディア、コールセンターの対話履歴、商品アンケートなど社内外に散在する「市場の声」を自動収集して、企業内で分析・情報共有するためのシステム。

「TopicStation」の仕組み

 キャンペーンやプロモーション実施後のレスポンスをソーシャルメディア上のクチコミ情報などを分析することによって、定量的な把握が可能になる。また、ネガティブな情報をいち早く発見できるため、定期的に風評やコンプライアンスの観点でのネット監視が行なえる。

 TopicStationの価格は、1サーバーライセンス500万円で、今後3年間で50ライセンスの受注を目指す。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ