このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

音楽を聴くなら携帯音楽プレイヤーを勧めたい理由第1回

夏フェスへ携帯音楽プレイヤーを持って行こう!

スマホに勝つ! 音質重視の携帯音楽プレイヤーの実力を検証!

2012年08月03日 12時00分更新

文● 折原一也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音楽を聴くならやっぱり専用プレイヤーを使いたい

 今、外出先で音楽を聴くための携帯音楽プレイヤーのファーストチョイスはスマートフォンだろう。筆者自身もiPhoneとAndroidのスマートフォンを音楽プレイヤーとして常用しているユーザーの一人だが、音楽プレイヤーとしての用途では、スマートフォンに不満を覚えるところがいくつもある。

バッテリーや音質など
純粋に音楽を楽しむには難があるスマホ

 スマートフォンを音楽プレイヤーに利用する際の弱点その1は、バッテリー駆動時間だ。スペック上はiPhone 4SとiPod touchは40時間と同等だが、スマートフォンではアプリなどを操作していると、夜の帰宅時間にはバッテリー残量がわずか、ということがよくある。音楽フェスやコミケなど、夏のイベントに向かう移動時間にスマートフォンでヘビーに音楽を聞き続けるのは、いざというときに連絡手段が(充電切れで)断たれてしまう可能性があるので、できれば避けたいというのが本音だ。

 スマートフォンを音楽プレイヤーに利用する際の弱点その2は、音質面で決してベストではないということ。デジタル音楽プレイヤーの音楽再生フォーマットはスタンダードなMP3・AACで、スマートフォン、携帯音楽プレイヤーともに、ほとんど各社共通になってきた。ただし、音質にこだわる本当に聞こえるヘッドフォン出力は、昔ながらのアナログ回路の設計に左右される部分がある。

 CPUやタッチパネルを搭載した汎用品であるスマートフォン内蔵のDAC(デジタル→アナログコンバーター回路)、ヘッドフォンアンプは、決して高音質のみを目指して選ばれるものではないため、結果として、スマートフォンに買い換えると、携帯音楽プレイヤーより多少音が悪くなった、という場合もある。

音質重視の携帯音楽プレイヤーチョイス
本当に音質がいいのか!?

 そんなスマートフォンの音質に不満を持つユーザーに、今だからこそ携帯音楽プレイヤーの魅力を知ってもらいたい。特に今回は“音質”にこだわった携帯音楽プレイヤーをピックアップして、音質志向のプレイヤー選びを提案する。

 今回ピックアップした製品は、各社から発売中の音質設計へのこだわりをアピールした全6モデル。次ページからプロフィールと基本的な特徴を紹介していくとしよう。

アップル iPod touchソニー ウォークマンZ
ソニー ウォークマンAソニー ウォークマンE
iriver B100COWON iAudio10

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART