このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

富士見iPhoneクラブ ― 第45回

オリジンは“上毛カルタ”――「ぐんまのやぼう」RucKyGAMESインタビュー

天才的ゲーム開発者は、プログラムが書けないプログラマー

2012年08月03日 12時00分更新

文● iPhoneクラブ製作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 群馬だ! 刺身だ! リーゼントだ!!

 群馬県から全国制覇をめざす『ぐんまのやぼう』、刺身の上にタンポポを乗せ続ける『i刺身』、水滴を狙って伸びるトロンボーンを、リーゼントを伸ばして撃退する(!?)『リーゼント vs トロンボーン』……。一度遊んだら忘れられない強烈なゲームを作り続けるiPhoneアプリ界の奇才、それが「RucKyGAMES」さんだ。

Gunma's Ambition App
価格無料 作者RucKyGAMES
バージョン3.0.1 ファイル容量8.9 MB
カテゴリーゲーム ユーザーの評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降
iPhoneアプリ「ぐんまのやぼう」(無料)。定期的に生えてくる野菜を収穫して「グンマー」(ポイント)を貯め、日本全国を淡々と制圧していく孤独な進軍ゲームだ

 『ぐんまのやぼう』の功績が認められ、なんと群馬県の観光特使になることも決定した。RucKyGAMESタイトルを愛してやまないiPhoneクラブの面々としてはめでたい限り! そこで就任を記念し、iPhoneクラブの緑担当・カリーさんと、オレンジ担当・じまPさんの2人がRucKyさんへのお祝いインタビューを敢行することにした。

 だが、お迎えするのは特使レベルの御方。ただの覆面が相手では――

「いいか相手は超正賓!最上級の敬意を払って、CEOスーツでお迎えせねばならんのだ!」
「…いいんですけどその安そうなスーツ、CEOじゃなくてただのリーマンじゃないですか?」
「あァ!?なんだァ?この腐れミカン野郎がァ!」「聞こえませんねェ骨なしチキンカリーさん!」

 ……ということで、RucKyさんと仲良しのハードコアゲーマーであり、RucKyGAMESタイトルもやり込んでいる「狩人さん」をお呼びして、一緒に話を聞いてみたぞ!

今回の登場キャラ

カリーさん アップル製品やネットサービスが専門というフリーライター。iPhoneクラブのリーダーにも関わらず、最近は虐げられてばかり。ゲームは『信長の野望』など、やりこみ要素のあるシミュレーション系を好む。好きなRucKyGAMESタイトルは『i刺身』。


じまPさん 某大学の大学院生かつ、iPhoneクラブの新メンバー。メンバーの中では最年少ながら、ファミコンやレトロゲームなどにも詳しい勉強家。名前にPが付いているのは、某ドルマスターの愛好者だったため。好きなRucKyGAMESタイトルは『Freedom Fishing』。


今回のゲストキャラ

狩人さん アスキー・メディアワークス某編集部を統括するとてもエラい人であり、業界ではハードコアゲーマーとして有名。特に『モンスターハンター』シリーズのやりこみ度は他の追随を許さない。RucKyさんとは、ゲーム仲間であり飲み仲間。今回はRucKyGAMESのゲームとご本人の両方について語っていただくため、iPhoneクラブが三顧の礼でお呼びした。好きなRucKyGAMESタイトルは『カラーパズル』。


RucKyGAMESさん いわずと知れたiPhoneゲーム界の奇才。『ぐんまのやぼう』で群馬県をアピールした功績が認められ、このたび“群馬県観光特使”に任命されることに。法人化も視野に入れている右肩上がりのスーパークリエイター……なのだが、本人自体はいたって飄々とマイペース。決して素顔を明かさないiPhoneクラブの伝統に則り、今回はリーゼント+マスクスタイルでご登場いただいた。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中