このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「OS X Mountain Lion」最新機能レポート ― 第2回

確実に使い勝手を向上させる「共有」機能、「Finder」

2012年07月31日 10時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

小粒だが気の利いた「共有」

 大がかりな変更とはいいがたいが、確実にアプリケーションの使い勝手を改善してくれる「共有」は、アプリケーションの使い勝手を変える潜在力を秘めたMountain Lionの新機能だ。主要な(標準装備)アプリケーションのツールバーに配置されたこのボタンは、クリックした時点で共有可能な項目(ex. 各種ファイル、ウェブページ、メモ)をAirDropで送信したり、メールやツイートに添付する形で送信できる。

Finderはもちろん、「プレビュー」、Safariなど多くのアプリケーションが「共有」ボタンを備えている

 ボタンをクリックすると現れるメニューは、アプリケーションにより変化する。たとえば、Apple Mailから分離独立する形で追加された簡易テキストエディター「メモ」は、共有ボタンをクリックすると「メモ」と「メッセージ」の2項目が表示される。FinderでExcelファイルを選択したときは、「メモ」と「メッセージ」、「AirDrop」の3種類、画像ファイルを選択したときはそれに加えて「Twitter」と「Flickr」が現れるといった具合だ。

簡易テキストエディター「メモ」では、共有ボタンをクリックすると「メモ」と「メッセージ」の2項目が表示される

 この「共有」、サードパーティー製アプリケーションにも組み込めるようAPIが公開されている。Mountain Lionリリース直後の現在のところ、それほど数は多くないかもしれないが、いずれは多くのアプリケーションに搭載されることになるだろう。

QuickLookにも「共有」ボタンが設けられ、表示した写真をツイートに添付するといった処理がすばやくできる

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中