このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

AVライター・鳥居一豊の「ビビビっときたAVデバイス」! ― 第3回

今秋登場! 話題の本格ワイヤレススピーカー「Xeo」を試す

2012年07月31日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ
編集部の会議室でじっくり聴いた。白いトールボーイ型スピーカーが「Xeo5」

 オンキヨーが昨年末にPC向けワイヤレススピーカー「GX-W70HV」をリリースし、話題を集めたのは記憶に新しいが、ピュア・オーディオの世界でスピーカーのワイヤレス化を積極的に進めようとする動きが出てきている。ピュア・オーディオの高音質な音を、より多くの人が手軽に楽しめるようにするのが狙い。

 ドイツのスピーカーメーカーのELACなど、この動きは秋に向けてますます活発になっていく。本格的なオーディオ鑑賞をより快適に楽しめるワイヤレススピーカーは、オーディオの楽しみをさらに広げてくれるものだと思う。

 今回は、デンマークの高級スピーカーメーカーであるディナウディオ(DYNAUDIO)が、日本で今秋発売予定のワイヤレススピーカーシステム「Xeo(シオ)」を使ってみた。ワイヤレスによってオーディオ再生などがどれだけ快適になるかを確かめてみたい。

2.4GHzデジタル無線接続で
非圧縮デジタル音声伝送を実現する「Xeo」

「Xeo3」
ブックシェルフ型の「Xeo3」

 まずは、製品のラインナップを紹介しよう。2ウェイ3スピーカーでリビングなどで使いやすいトールボーイ型の「Xeo5」(2700ユーロ、日本円で約27万円)と、2ウェイ2スピーカーでコンパクトなブックシェルフ型の「Xeo3」(1500ユーロ、日本円で約15万円)の2種類がある。

 どちらもパワーアンプ内蔵となっており、低音用と高音用の2つのパワーアンプでそれぞれのユニットを駆動するバイアンプを採用している。

付属のトランスミッター
付属のトランスミッター。前面にはボタン類などはない

 これだけでは、ただのパワードスピーカーだが、アンプ部に独自の2.4GHzデジタル無線用のレシーバーも内蔵している。信号を送り出すトランスミッターは、横幅12cmのコンパクトなボックスで、アナログ音声入力、光デジタル音声入力、USB端子を備えている。つまり、オーディオ機器やPCを接続し、ワイヤレスでスピーカーに信号を伝送できるというわけだ。

トランスミッターの背面
トランスミッターの背面。アナログ音声入力と光デジタル入力、PC入力(USB)の3系統が備わっている

 デジタル伝送では16ビット/44.1kHzのリニアPCMで受信。もちろん非圧縮で伝送されるので音質的なダメージはほとんど問題ないだろう。また、24ビット/48kHzのデジタル信号入力にも対応する(送信時は16ビット/44.1kHzに変換される)。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART