このページの本文へ

最新セキュリティ製品で標的型攻撃を防げ!第6回

「Deep Discovery powered by Express5800」

NEC、トレンドマイクロ製品搭載の標的型攻撃対策アプライアンス

2012年07月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月27日、NECとトレンドマイクロは協業を強化し、最短1カ月で導入可能という標的型攻撃対策アプライアンス「Deep Discovery powered by Express5800」をNECが販売すると発表した。

トレンドマイクロのセキュリティをNEC製サーバーに搭載した「Deep Discovery powered by Express5800」

 Deep Discovery powered by Express5800は、トレンドマイクロのネットワーク監視ソフトウェア「Deep Discovery」を、NECのPCサーバー「Express5800」に搭載した製品だ。これにより、本製品をネットワークに接続することで、従来のパターンファイルやルールベースの検知に加え、仮想環境(Sandbox)での動的解析を実施。従来把握が困難であった、メールに添付された未知のウイルスなどを検知し、企業内システムへのウイルス侵入を早期に可視化するという。

 さらに、ウイルスに感染したPCと外部サーバーとの通信をリアルタイムで検知し、感染状況を管理者へ通知する機能も持つ。脅威の早期発見と対処をサポートし、被害の拡大を抑止するとしている。

 価格は、Xeon E5-2600ファミリ×1搭載の「Deep Discovery powered by Express5800」が475万2000円、同CPU×2搭載の「Deep Discovery powered by Express5800 Advanced版」が745万2000円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ