このページの本文へ

Intel「Core i5-3320M」、「Core i5-3360M」

Ivy Bridgeベースのモバイル向けCPUに初の「Core i5」シリーズ!

2012年07月24日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 

 Ivy Bridgeベースとなるインテルのモバイル向けCPUに初の「Core i5」シリーズが登場した。「Core i5-3320M」と「Core i5-3360M」の2モデルだ。

Ivy Bridgeベースとなるインテルのモバイル向けCPUに初の「Core i5」シリーズが登場。「Core i5-3320M」と「Core i5-3360M」の2モデルが販売中

 主なスペックは、「Core i5-3320M」が2コア/4スレッドでクロック周波数2.6GHz(Turbo Boost時3.3GHz)、キャッシュ(Intel Smart Cache)容量3MB、TDP 35W。「Core i5-3360M」が2コア/4スレッドでクロック周波数2.8GHz(Turbo Boost時3.5GHz)、キャッシュ(Intel Smart Cache)容量3MB、TDP 35W。いずれも統合GPUとして「Intel HD Graphics 4000」(クロック周波数650MHz/最大クロック周波数1.25GHz)を搭載している。

コアも従来のモバイル向けCPU同様むき出し仕様。CPUクーラーも同梱しない

 なお、CPUクーラーが同梱されていない点や、対応マザーボードが販売されていないという状況に依然変化はない。それでもPC DIY SHOP FreeTのスタッフの話によると「前回入荷したCore i7はなぜか完売しました」という。
 入荷を確認したPC DIY SHOP FreeTでは「Core i5-3320M」が1万9980円、「Core i5-3360M」が2万3980円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中