このページの本文へ

「エクスプレスG2 シリーズ」は7月31日開始

さくらの専用サーバ、月5万円でioDriveが使える新プラン

2012年07月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月23日、さくらインターネットは専用サーバーサービス「さくらの専用サーバ」に、初期費用なしでioDriveも利用可能な「エクスプレスG2 シリーズ」を追加すると発表した。

 エクスプレスG2 シリーズでは、Xeon E-3 1230V2(3.30GHz、4コア/8スレッド)を搭載した富士通のサーバー「PRIMERGY RX100 S7」を採用し、即納サーバーモデルのラインアップも強化。これまでの即納対象は内蔵ディスクにSATA HDDを搭載したサーバーのみだった。しかし、エクスプレスG2 シリーズでは、高性能なSAS HDD やSSD、さらに米Fusion-ioの高速ストレージ「ioDrive」を搭載したサーバーを用意しており、最短10分で利用可能だという。

 価格は、SATA HDDを搭載したサーバーが初期費用なしの月額料金1万9800円。ioDrive を搭載したサーバーも、同じく初期費用なしで、月額料金4万9800円のみとなる。

「エクスプレスG2 シリーズ」のおもな内容と価格

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ