このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

長~く使える極上のPCケース2012第1回

長~く使える極上のPCケース2012【アンテック編】

2012年07月23日 11時00分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCケースほど理想と現実のすり合わせに苦労するパーツはない。ケースに求められる要素をざっと挙げてみると……
 デザインや寸法、拡張性、メンテナンス性、冷却力、静音性あたりがスラっとでてくる。だが実際に組み始めると、さらに裏配線対応だとか、簡易水冷の組み込みだとか、細かなところではヘッダピンの内容などなど、いろいろと見えない部分が多いのだ。

 というわけで直近1年の間に出たPCケースの中で、これはと思ったケースを紹介する毎年恒例の「長~く使える極上のPCケース」特集の2012年版がスタートだ。
 トップを飾るのは、PCケースでは定番中の定番メーカー「Antec」の2製品だ。

Performance one P280

●URL:http://www.antec.com/product.php?id=NzA0NTQx
●実売価格:1万2800円前後

今流の設計を採り入れた人気シリーズの最新作「P280」

 Antecの代表作といえば、電源をマザーの入る空間から隔離するデュアルチャンバー方式で大ヒットを飛ばした「P18x」シリーズだ。だがこの「P280」では、そのデュアルチャンバーを撤廃し、ごく一般的な電源ユニット下置き型の構造を採用している。同社のもう1つの売れ筋である“Hundred系”ケースに、開閉式のフロントパネルとP18xのデザインを融合させた製品、というのが第一印象だ。

開閉式フロントパネルを閉じたときの雰囲気はP18xとかなり似ている。ただP183のように、パネルに穴がないだけでかなり落ち着いた感じに見える下部に大きなエアフィルターがあり、そこからケースを通じて向こう側が見える通気性重視の設計は、Hundred系のテイスト。フロントパネルの裏にはびっしりとスポンジが張ってあり、ノイズの減衰を狙っている
フロントパネルはダブルヒンジになっており、図のように逆に折り畳むこともできる。図ではフロントのエアフィルターを取り外した状態で撮影したXL-ATX規格に対応しているため拡張スロットは9本と多いほかは、背面の設計はスタンダードに徹している。
P183では前面やや下にあった電源スイッチ類は、全てケース上部へ移動。このサイズのPCケースなら、まず床上設置確定なのでこの配置は非常にうれしい。ただちょっと天井の剛性感が不足ぎみに感じ、やや頼りない印象がある

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中