このページの本文へ

この7月にゼンド・ジャパンから社名変更

コネクト、CLUSTERPRO XとMySQLによる「DB クラスターパック」

2012年07月18日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月17日、コネクト(旧社名「ゼンド・ジャパン」)はNECのHAクラスタリングソフト「CLUSTERPRO X」とオープンソースのデータベース「MySQL」を組み合わせたミットレンジ向けのデータベースHA ソリューション「DB クラスターパック」の提供開始を発表した。

 製品は3種類のラインナップを用意する。初年度価格155万4000円からの「DBクラスターパック SG」は、共有ディスクを使用した2ノードアクティブスタンバイ構成の製品だ。基本的なデータベース機能を網羅した「MySQL Standard Edition」組み合わせている。また、初年度価格228万9000円からの「DBクラスターパック EG」は、高度なデータベース機能と周辺ソフトウェアを利用可能な「MySQL Enterprise Edition」を組み合わせた製品となる。

 3つ目の「DBクラスターパック MD オプション」は、共有ディスク構成をミラーディスク構成に変更するためのオプション。ミラーディスク構成では、各ノード(DBサーバー)内のHDDにMySQLが取り扱うデータを保管しミラーリングする。共有ディスクを使用せずにクラスタを構成する場合に必要なオプション製品である。価格は42万円から。

 なお、同社は2001年9月にテンアートニ(現社名:サイオステクノロジー)の一部門としてスタートしており、「事業開始から10年が経過したことを契機」として、2012年7月にゼンド・ジャパンからコネクトへと社名変更をしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ