このページの本文へ

PROLIMA TECH「Lynx」

物理干渉の心配無用! 薄型ヒートシンク採用のCPUクーラー

2012年07月12日 23時43分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PROLIMA TECHから薄型ヒートシンクが特徴的なサイドフロー型CPUクーラー「Lynx」が発売となった。代理店はサイズ。

薄型ヒートシンクが特徴的なサイドフロー型CPUクーラー「Lynx」がPROLIMA TECHから発売

 ヒートシンク厚29mm、全体サイズが125(W)×55(D)×159.5(H)mmというサイドフロー型CPUクーラー。銅製受熱ベース部とひねりを加えた6mm径ヒートパイプ3本で構成され、TDP130WまでのCPUをサポートする。搭載ファンは120mm/25mm厚のPWM仕様で、スペックは800~1600rpm(29.1dBA、72.67CFM)。ファンの固定はワイヤークリップ式で、デュアルファンでの運用も可能なように2セットが同梱されている。
 対応ソケットは、LGA 2011/1155/1156、Socket AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM1。価格は3480円。パソコンショップアークとパソコンハウス東映で販売中だ。

物理干渉の防止と取り付けやすさを重視した結果、ヒートシンク厚29mmを実現。ファン固定はワイヤークリップ式で、デュアルファンでの運用も可能だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中