このページの本文へ

バッファロー、法人向け「TS5000」シリーズに32TBモデル追加

2012年07月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月11日、バッファローは法人向けNAS「TS5000」シリーズに8ベイモデルと6ベイモデルを追加した。8ベイモデルが、32/24/16/8TBの4モデル、6ベイモデルが24/18/12/6TBの4モデルとなる。

最大32TBの8ベイモデル最大24TBの6ベイモデル

 CPUにIntel Atomデュアルコアプロセッサー(2.1GHz)を採用。DDR3メモリ2GB搭載も加え、高い性能も実現した。また、高速な伝送を行なえるUSB 3.0ポートも前面背面に搭載し、容量追加やバックアップに利用できる。さらにデータ保護や高速化を実現するRAIDも、基本的なRAID 6/5/1/0モードの他、複数のRAIDモードを組み合わせるRAID 61/60/51/50/10に対応する。

 既存のNASに加え、iSCSIターゲットも対応。クラウドサービスとの連携機能として「Amazon S3連携」に対応するほか、NASを外から利用できる「WebAccess連携」にも対応予定となっている。

 希望小売価格は8ベイの8TBモデルが22万円、同じく32TBモデルが60万円となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ