このページの本文へ

Arctic「Accelero Hybrid」

水冷+空冷のユニークなハイブリッドVGAクーラーがArcticから!

2012年07月12日 23時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 水冷+空冷のハイブリッド仕様となるVGAクーラー「Accelero Hybrid」(型番:ZAV-Accelero Hybrid)がArcticから発売となった。

Arcticから発売となった水冷+空冷のハイブリッド仕様となるVGAクーラー「Accelero Hybrid」。販売代理店は株式会社ザワード

 この製品は、外排気仕様の空冷クーラーユニットに、ラジエーターとポンプ一体型の水冷ユニットを組み合わせた構造が特徴。空冷ユニットがRAMおよびVR冷却、水冷ユニットがGPU冷却をそれぞれ担当する仕組みだ。
 空冷ユニットが搭載するファンは流体軸受を採用する80mmサイズで、基本仕様は900~2000rpm(PWM)/13.1CFM。ユニットのサイズは112(W)×243(D)×44.2(H)mmで、重量は363g。一方の水冷ユニットには120mmファンが搭載され、こちらの仕様は400~1350rpm/74CFM。ユニットのサイズは120(W)×150(D)×52.8(H)mmで、重量は503g。

製品構成は外排気仕様の空冷クーラーユニットに、ラジエーターとポンプ一体型の水冷ユニットを組み合わせたもの
GPU冷却を担う水冷ユニットのヘッド部分。いわゆるポン付け水冷キットのような印象だ

 なお、対応GPUは以下の通り。AMD Radeon HD 7870/7850/6970/6950/6870/6850/6790/6770/5870/5850/5830/4890/4870/4850。NVIDIA GeForce GTX 680/670/580/570/560Ti/560 SE/560/550Ti/480/470/465/460 SE/460/GTS 450。
 価格は1万4280円。パソコンショップアークとオリオスペックで販売中だ。

冷却性能は、GeForce GTX 680のリファレンスモデルが2000rpm時に69.9度なのに対し、Accelero Hybridは44度を実現。果たしてイイとこ取りとなるのか? 興味深い製品だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中