このページの本文へ

「Webroot SecureAnywhere Business - Endpoint Protection」展開

ウェブルート、クラウドベースの企業向けマルウェア対策

2012年07月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月4日、ウェブルートはクラウドベースの新たなエンタープライズ向けソリューション提供を発表。第1弾として、8月に「ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス エンドポイントプロテクション(Webroot SecureAnywhere Business - Endpoint Protection)」を提供することを明らかにした。

ウェブルートが提供するクラウドベースのマルウェア対策ソリューション「Webroot SecureAnywhere Business - Endpoint Protection」

 これは、企業やネットワークサービス等のエンドポイントにおけるマルウェア対策ソリューション。ファイルパターン認識および行動認識テクノロジーによって、さまざまな脅威やゼロデイ アタックに代表されるような未知の攻撃から企業やユーザーを防御するとしている。また、本サービス提供に先立ち、7月中旬から誰でも利用できるトライアルプログラムの提供を開始する。

 あわせて同社は、国内エンタープライズビジネスの拡大に向けた組織強化も公表。国内エンタープライズビジネスの統括管理責任者として、6月1日付けで渋井政則氏をエンタープライズ営業本部 本部長に任命。同組織の体制を強化すると共に、より積極的な対外活動を開始したという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ