このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第84回

iOS版「Google Chrome」が速くない理由

2012年07月06日 11時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

Google謹製のiOS用ウェブブラウザーが
ついにリリース

 GoogleからiOS版「Chrome」(無料)がリリースされた。いわずと知れたGoogle謹製のウェブブラウザーであり、その心臓部には「WebKit」が採用されている、「Mobile Safari」にとっては近縁/近種といっていいアプリだ。

ついに公開されたiOS版「Google Chrome」(無料)。iPhone上では、開いているタブを縦に並べられるなど、独自のユーザーインターフェースを備えている
Google Chromeには、プラットフォームの壁を越えた同期機能が提供されている(画面はOS X版)
「Chromeへのログイン」を設定にしておくと、ほかのデバイスでログインしているChromeとタブの状態を同期できる
Chrome App
価格無料 作者Google
バージョン19.0.1084.60 ファイル容量12.8MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中