このページの本文へ

最大3000接続の「AG1100」から12万8000の「AG1600」まで5モデル

アレイ、iOS/Android対応のSSL-VPN「Array AGシリーズ」

2012年07月04日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月3日、アレイ・ネットワークスはSSL-VPNゲートウェイの新製品「Array AGシリーズ」を発表した。

SSL-VPNゲートウェイの新製品「Array AGシリーズ」。下位3機種が1U、上位2機種が2Uとなる

 AGシリーズは、デスクトップPC、ノートPCに加え、iOSまたはAndroidベースのスマートフォンやタブレットからの接続にも対応。リモートデスクトップが使え、モバイルデバイス上の個人データと混同、企業データを社内ネットワークに置いたままにすることが可能。このため、AGシリーズは、業務のモバイル化を実現し、BYOD(Bring Your Own Device)戦略を推進するための、もっとも高速で、もっともコスト効果の高い手段を提供するという。

 また、ユーザー管理・アクセス制御の集中管理が可能なほか、従業員がクラウドサービスに直接アクセスすることを防止可能。クラウドに対するセキュアアクセスゲートウェイとして使うことで、従業員はシングルサインオンでログインし、あたかも企業内データセンターから提供されるWebアプリケーションであるかのようにクラウドサービスを利用できるという。

 製品は、最大3000同時接続ユーザー数が「AG1100」、1万の「AG1150」、2万5000の「AG1200」、7万2000の「AG1500」、12万80000の「AG1600」という5モデルのアプライアンスで構成され、価格はすべてオープンだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ