このページの本文へ

ビジネスサポート管理および運用サポート管理「CloudPortal Business Manager 1.4」

CloudStackベースのクラウド管理「Citrix CloudPlatform」

2012年06月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月28日、シトリックス・システムズ・ジャパンはクラウド管理ソフトウェア「CloudPlatform, powered by Apache CloudStack 3.0.3」、ビジネスサポート管理および運用サポート管理ソフトウェア「CloudPortal Business Manager 1.4」の国内提供を発表した。

 「CloudPlatform」は、同社が「Apache Software Foundation(ASF)」へ寄贈した「CloudStack」をベースに、新ブランドで展開しているクラウド管理ソフトウェアで、CloudPlatform, powered by Apache CloudStack 3.0.3がCloudPlatformブランドとして国内に初めて提供する新製品となる。シスコシステムズの仮想スイッチ「Nexus 1000v」やAmazon EC2 APIへの対応、ボリュームアップロードの搭載など、さまざまな機能強化を行なっているという。

 もう一方のCloudPortal Business Manager 1.4は、クラウドサービスプロバイダーが、導入ツールや管理ツールをすべて備えた大規模なクラウドを構築し、素早くビジネスを開始できるという製品。ユーザーインターフェイスを日本語化し、クレジットカード決済代行のサイバーソースと連携することで、より安全で信頼性の高い課金サービス機能が提供可能になった。また、テナントやユーザーの管理、価格付けと請求、レポートなどの機能が使いやすくなったという。

 また同社は、両製品を中核としたクラウドサービスを提供するパートナーを認定する「Citrix Cloud Advisor(CCA)プログラム」を提供しており、現在100社以上のパートナーが認定済み。シトリックスでは、CCAパートナーとともに、拡張性と信頼性に優れ、柔軟なITシステムの構築を可能にするクラウドサービスソリューションを提供するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ