このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第120回

AirPlayでiPhone内のコンテンツを外部機器で再生する技

2012年06月27日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOSは映像や音楽、画像をストリーミング配信し、テレビやスピーカーなどで再生できる「AirPlay」という機能を搭載している。1年以上前に登場した機能だが、何度もバージョンアップしており、今では手放せない機能になっている。iPhoneやiPad、iPod touchユーザーなら見逃す手はない。今回は「AirPlay」を使って、iOSデバイス内のコンテンツをリビングのテレビやスピーカーで再生する技を紹介しよう。

iPhone内のコンテンツをワイヤレスで再生する

「Airplay」ならワイヤレスで音楽や映像を楽しめる

 iPhoneやiPadなどのiOSデバイスユーザーなら、お気に入りの音楽や写真は端末に保存されていることだろう。外出先で楽しむ分には、イヤホンや小さなディスプレーでもいいが、自宅にいるならもっと大きな画面や高音質で楽しみたいところ。「Apple Digital AVアダプタ」を使えばHDMIでテレビに映像を出力できるし、「第99回 多機能ドックでスマホやタブレットを活用する技」で紹介したドック付きスピーカーならiPhone内の音楽を高音質で楽しめる。ただし、有線接続なので端末をつないだままにしておかなくてはならない。

 電話が来たらすぐに出られるように、自宅内でもiPhoneを持ち歩いている人は多いのではないだろうか。この場合、有線接続だと何かと不便なのだ。例えば、筆者はCDをほとんど持っていないので、ホームパーティーを開いたときのBGMにはiPhone内の音楽を流すことにしている。iPodならいいのだが、iPhoneだと電話やメールが来たときにいちいち端末を取りに行かなければならない。

 そこで活躍するのが、AirPlayという機能だ。iOS 4.2から搭載された機能で、無線LANを利用してAirPlay対応機器に音楽や写真、動画をストリーミング配信できる。その機器をテレビやスピーカーにつなげば、大画面や高音質でコンテンツを楽しめるのだ。AirPlay対応デバイスはAppleだけでなく、他社からも発売されている。

 例えば、デノンはAirPlayに対応するAVアンプやネットワークプレーヤーをラインナップ。手持ちのAVシステムで、お気に入りの楽曲を楽しめる。フィリップスやB&Oからは、AirPlayに対応するスピーカーが発売されている。

フルHD映像のストリーミング配信に対応した「AppleTV」。もちろん、AirPlayに対応している
MENUボタンを押し、設定画面からAirPlayを有効にする
iPhoneのミュージックアプリを起動し、AirPlayアイコンをタップする出力先を選択する。この場合は「AppleTV」をタップするAirPlayアイコンが青くなり、音声が外部出力される
AppleTVを経由して楽曲が再生される。曲名は再生時に数秒間表示される

 AppleTVでは、動画の配信も可能だ。AirPlayビデオで接続するには、まずiPhoneと対応機器(ここではAppleTV)を同じ無線LANに接続する。続いて、iPhoneで表示したいYouTubeアプリやビデオアプリを起動し、コンテンツを再生。AirPlayのアイコンをタップし、出力する機器を選択すればいい。

動画を再生し、AirPlayアイコンをタップ。画面はYouTube出力先を選択する。この場合は「AppleTV」をタップする
テレビに映像が表示される

 AirPlayビデオで接続しているのに、音声しか再生されない場合はiOSのバージョンをチェック。iOS 5.1.1でAirPlayビデオの再生に関する不具合が修正されているので、最新の状態にしておこう。

動画が表示されない場合は、iOSを最新バージョンにアップデートする

 最新のiOSでは、AirPlayミラーリングという機能をサポートしている。特定アプリの映像・音声出力だけでなく、iPhoneの画面そのものとその時の音声を出力する機能だ。ゲームを楽しむときなどに活躍する。周りの人はもちろん、プレイヤー自体も大画面を観ながら、iPhoneをコントローラのようにして操作できるのが面白い。ハマっているゲームがあるなら、1人でプレイしているときも利用したくなるだろう。

ホームボタンをダブルクリックし、画面下を右に2回フリックする音量バーの隣にあるAirPlayボタンをタップする
出力先に「AppleTV」を選択し、「ミラーリング」も「オン」にする
iPhoneの画面がテレビ出力される。iPhoneの画面にも映っているので、ゲームのプレイ画面をみんなで観られる

 ちなみに、モバイルルーターを使っても、AirPlayを利用することはできる。その場合は、子機間の通信を遮断するプライバシーセパレータという機能を無効にしておくこと。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART