このページの本文へ

ドコモ、上限3GBで1050円安い、月4935円の新Xiパケット定額

2012年06月20日 16時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは10月1日より、データ通信量の上限が3GBになる代わりに従来のプランより1050円安くなる、Xi向けパケット定額の新プラン「Xiパケ・ホーダイ ライト」「Xiデータプラン ライト にねん」「Xiデータプラン ライト」を発表した。

月に3GB以下の通信量のユーザーにお得な「Xiパケ・ホーダイ ライト」

 Xiのパケット定額サービスは、現在「Xiスタートキャンペーン2」により、2012年9月30日までは月4935円(定額制の「Xiパケ・ホーダイ フラット」の場合)で提供されており、データ量の制限も特に設けられていない。

 しかし、2012年10月以降は月5985円と本来の料金になるだけでなく、月間のデータ量も7GBまでに制限され、7GB以降は送受信とも128kbpsへの速度制御、もしくは2GBごとに2625円の追加料金の支払いが必要となる。そのため、より安価なパケット定額サービスについて、以前から同社幹部より示唆されてきた(関連記事)。

 今回追加されたのは、まず音声端末向けのオプションである「Xiパケ・ホーダイ ライト」は、定額料が月4935円になるかわりに、データ量の制限は3GBとなった。3GB以降、送受信とも最大128kbpsに速度制御、もしくは2GBごとに2625円の追加料金で本来の速度で利用できるのは、従来のプランと同様だ。

 データ通信端末用のプランでも同じく、「Xiデータプラン ライト にねん」「Xiデータプラン ライト」が追加された。2年契約が前提の「Xiデータプラン ライト にねん」は、やはり上限が3GBで月4935円。3GB以降の条件についても「Xiパケ・ホーダイ ライト」と同じ。

上限超過分の128kbps制限 or 2625円/2GBは結構辛い……

 高速で快適な分、どうしてもデータ通信量が大きくなるXiだが、Xi対応スマートフォンを、自宅や会社では無線LANに接続し、動画サービスはXiやFOMA接続で使わないのであれば、月3GBに収まる可能性はかなり高い。ライトなユーザーにとってオトクなプランと言えるだろう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART