このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第30回

やる気のNASAは成層圏を突破 締切系アプリの出番です

2012年06月20日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(編集担当:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

CountCon -- Countdowns on your Homescreen Icon! App
価格85円 作者TouchMiPhone
バージョン1.2.1 ファイル容量10.7 MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(4.0)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

締切さえ決まればやる気出るんだけどな~

アイコンのバッジで残り時間をカウントダウン、「CountCon」

 「好きなときやってください」と言われた作業より、「いついつまでにやってください」と言われた作業の方が仕上がりが早いということはよくある話。先延ばしがちなものでも、締切を意識することで、「あとこれだけしかないから、早めにやっておこう」という気持ちになることもある。

 というわけで今回紹介するアプリは、設定した期日・期限までの残り時間をカウントダウンする「CountCon」。強みは、カウントダウンをホーム画面のアイコンのバッジに、しかもリアルタイムに表示するところだ。アプリを起動せずとも、自動で更新してくれるのがありがたい。

 アプリを起動したら、まず「Set Countdown Title」にタスクの名前を入力。その後、期限までの残り日数/時間を入力する。秒単位ならSecs、分単位ならMins、何時間単位ならHours、日数単位ならDaysだ。なお、Daysは残り日数で記入するだけでなく、右側のカレンダーのアイコンをタップすることで具体的な期日を選択し、その前日までの日数をカウントダウンすることもできる。

 入力が終わったら、「Start」をタップでカウントダウン開始。ちなみに、「Secs」の左にある「←」をタップすると、これまで本アプリでカウントダウンしてきた履歴が表示される。ここに保存されている履歴をタップすれば、以前と同じ設定の残り時間が計測できる。

タスクの名前を記入し、残り時間か残り日数を入力。「Start」を押せばカウントダウンが始まる

ホーム画面のバッジでカウントダウン

カウントダウン中は、ホーム画面のアプリのアイコンにバッジで表示される

 一度カウントダウンが始まれば、アプリを閉じても、ホーム画面のアプリのアイコンに残りの日数/時間を表すバッジが表示される。この表示はリアルタイムで更新されるので、例えば秒数で設定すれば、自動で数字が減っていくのがすぐわかるだろう。

 この点が本アプリの特徴であり、標準アプリの「時計」のタイマーとひと味違うところ。常にホーム画面で残り時間が「見える」ために、iPhoneを操作するたびに意識させられる。うっかり忘れてしまった……という事態を防ぎやすいのだ。

 カウントダウンが終わると、通知が表示され、アラーム音が鳴る。アプリ画面左上の歯車アイコンから、通知の際に再生するアラーム音を選択することも可能だ。

 注意してほしいのは、本アプリは特定日の「前日まで」の日数をカウントダウンするということ。たとえば、10日後の日数を設定すると、カウントダウンする日数は9日となる。また、アイコンのバッジは当然1つだけ。タスクは常に1つずつとなる。つまり、一度に1つのタスクの残り時間しか数えてくれない。同時進行で複数のタスクを管理するのに使うよりは、「今これしかない!」というもののカウントダウンに使うアプリといえるだろう。

履歴から、再度カウントダウンを開始することもできる。カウントダウンが終わればプッシュ通知で表示されるだけでなく、設定したアラーム音が鳴ることで知らせてくれる

このアプリをオススメする覆面:カリーさん

 フリーで仕事を多数抱える身としては、締め切りのあいまいな仕事を後回しにしがちなもの。気がつけば締め切りはすぐそこ……というのはよくある話。ホーム画面で残り日数を教えてくれるこのアプリは大きな武器だ。まあ、そうは言っても遅れる時は遅れるんですけどね!

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中