このページの本文へ

1万円ちょいで買えるデュアルコア中華タブレットが登場!

2012年06月15日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デュアルコアCPUを搭載する中国ainol製のAndroid 4.0搭載タブレット「NOVO7 Elf II」が東映無線ラジオデパート店に入荷した。カラバリはブラックとホワイトの2モデル。価格は1万1780円と、デュアルコア搭載モデルとしてはかなりのお手頃価格だ。

デュアルコアを搭載する7型Androidタブレット「NOVO7 Elf II」の販売がスタート。メーカーはもはやアキバではおなじみ、中国のainolだ

 NOVO7 Elf IIは、1月からアキバで販売が始まっているainol製7型Android4.0タブレット「NOVO7 Elf」の後継モデルにあたる製品。Cortex-A9ベースのデュアルコアCPU「AMLOGIC AML8726-M6 1.2GHz」を搭載しているのが主な特徴だ。

 デュアルコアCPUを搭載する安価な中華タブレットとしては、先月半ばにRAMOS製の「W17pro」が登場したばかり。普及価格帯のタブレット製品も、いよいよデュアルコア時代に突入したと言えそうだ。

前モデルからの機能的な変化はチップセット周りに限られる。液晶ディスプレーは7型タブレットとしては比較的高解像度な1024×600ドット

 製品の基本スペックに関して、前モデルのNOVO7 Elfに比べ変更されたのはCPUなどチップセット周りのみ。メインメモリーは1GBで、ストレージ容量は8GB。そのほか最大32GBのmicroSDHCをサポートしているが、ショップによれば「保証の対象外ではあるが、64GBのmicroSDXCも認識できた」とのこと。相性の問題が心配ではあるものの、外部ストレージでmicroSDXCの大容量を利用できるのは魅力的だ。

NOVO7 Elfと同様のフレームを採用することもあり、外見上の違いはほとんどない。側面には各種インターフェイスや操作ボタンが並ぶ
カラバリは2色。引き締まったガンメタリック風のブラックと上品なホワイト、どちらを選ぶか迷うところだ

 本体サイズは幅189.3×奥行き120×高さ11.2mmで、重量は362g。液晶ディスプレーは、1024×600ドットの7型静電容量式タッチパネルを採用。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応し、フロントに200万画素のカメラを搭載する。OSはAndroid 4.0。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART