このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2012レポート特集第24回

ASUSTeK、「GTX 680」2基のハイエンド「MARS III」を展示

2012年06月12日 19時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKは昨年の「MARS II」に引き続き、今年もデュアルGPUソリューションの新製品「MARS III」を展示。GPUには「GeForce GTX 680」が2基搭載されるモンスタービデオカードとなる。

来場者に人気のASUSTeKブース。今年も南港に巨大なエリアが確保されている

お約束のDual GPUカード「MARS III」

デュアルGPUソリューションとしては、現実的なサイズに収められた「MARS III」。冷却システムは同社のDirectCUクーラーをベースとしている

 発売について年内予定ということ以外に正直情報の少ない「MARS III」。それでもブースにいた担当者の話では「ビデオメモリにGDDR5 8GBを搭載。クロックについてはGTX 680のリファレンススペックからOCすることになるだろう」という話が聞けた。おそらくではあるが、、オーバークロック版でメモリ4GBのGeForce GTX 680を2基搭載するという仕様を目指すことになるのだろう。
 なお、冷却システムは同社のDirectCUクーラーをベースに、トリプルファン仕様としたオリジナルモデルを搭載。冷却性能を20%向上しつつ、2スロットへと小型化が図られ、デュアルGPUソリューションとしては意外な程コンパクトにまとめられていたのが印象的。とはいえ補助電源コネクタはPCI-Express 8ピン×3仕様となるなど、大喰らいであることには変わりはない。あとは発売時期を外さずに、なるべくすみやかに市場へ投入されることを願うばかりだ。

補助電源コネクタはPCI-Express 8ピン×3仕様となるが、このクラスのVGAならなかば常識。発売するなら、なるべく早くしてほしいというのがユーザー側のホンネだろう

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中