このページの本文へ

東芝から、シネスコサイズの14.4型「dynabook R542」登場

2012年06月11日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

横に広い! シネスコサイズの液晶搭載
「dynabook R542」

 東芝は、Ivy Bridge搭載の「dynabook」3製品を発表した。まず注目は、映画業界などではシネスコ(シネマ・スコープ)とも呼ばれる、21:9の縦横比を持つ14.4型ワイド液晶ディスプレー搭載のUltrabook「dynabook R542」だ。発売は7月下旬を予定している。価格はいずれもオープンプライス。

映画はもちろん、Windowsでの作業にも便利そうなシネスコタイプの液晶を搭載する「dynabook R542」

 搭載されている液晶ディスプレーの解像度は1792×768ドット。シネスコサイズの映画コンテンツを画面一杯に表示できるほか、一般的な16:9の縦横比を採用したHD解像度の液晶(1366×768ドット)と比較しても、横方向に約1.3倍の表示領域を持っており、ウェブブラウザーを表示しながら、テキストを作成するなど、効率的に作業できる。また、独自ユーティリティの「TOSHIBA Split Utility」では、よく使用するアプリウインドウの位置を登録しておくことで、簡単にレイアウトを変更できる。

 そのほか主なスペックは、CPUにCore i5-3317U(1.70GHz)、メモリーは4GB、ストレージは500GB HDDでキャッシュ用のSSDを32GB搭載する。本体サイズは、幅368.5×奥行き200×高20.8mmで、重量は約1.69kg。OSはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版。予想実売価格は14万円前後となっている。

筐体の左右にはharman/kardonステレオスピーカーも搭載する

人気の従来モデルにIvy Bridge搭載の後継機
「dynabook R632」「dynabook R732」

 「dynabook R632」と「dynabook R732」は、従来モデルの「dynabook R631」と「dynabook R731」からCPUをIvy Bridgeに変更したのが最大の変更点となる。

 dynabook R632は、CPUにIvy BridgeコアのCore i5-3317U(1.70GHz、最大2.6GHz)を採用したほか、筐体色にシャンパンゴールドを追加。従来から用意されているアルティメットシルバーと合わせて、2色となった。重量が約1.12kg、最薄部で8.3mm、最厚部でも15.9mmという軽量&薄型のボディーはそのままで、13型クラスでは今でも魅力的だ。

CPUがIvy Bridge、SSDも高速タイプと基本性能が強化された「dynabook R632」

 ストレージは従来機種より高速なSATA3.0対応の128GB SSDを採用。自社開発のBIOSと組み合わせることで、高速起動機能の「東芝高速スタート」が利用することで、Windowsの起動がdynabook R631と比べて、8秒ほど速い約7秒を実現している。

 6月15日の発売で、予想実売価格は14万円前後。

左が新色のシャンパンゴールドで、右が従来から継続されたアルティメットシルバー

 光学ドライブを搭載するスリムコンパクトノートの「dynabook 732」は、液晶パネルを高輝度タイプに変更している。CPUとストレージの違いで3モデル用意されており、それぞれグラファイトブラックとシャンパンゴールドの2色が用意されている。

DVDドライブを内蔵する「dynabook R732」

 共通のスペックは13.3型液晶ディスプレーを搭載する点で、解像度は1366×768ドット。

 最上位の「R732/39F」は、CPUがCore i7-3520M vPro(2.90GHz)、チップセットはQM77 Express、8GBメモリー、128GB SSD、Centrino Advanced-N + WiMAX 6250による、IEEE802.11a/b/g/nとWiMAX機能を内蔵する。OSはWindows 7 Professional SP1 64bit版(32bit版も選択可)。

 「R732/38FB」「R732/36FB」はともにCPUがCore i5-3210M(2.50GHz)、チップセットはHM76 Express、4GBメモリー、Centrino Wireless-N + WiMAX 6150による、IEEE802.11b/g/nとWiMAX機能を内蔵する。ストレージだけは異なり、前者が128GB SSDで、後者が640GB HDD。OSはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版。

 こちらも6月15日の発売で、予想実売価格は、順に20万円前後、18万円前後、15万円前後となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー