このページの本文へ

Intel「Core i5-3470T」

TDP 35Wの2コア版Ivy Bridge「Core i5-3470T」のバルクが発売

2012年06月08日 22時39分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 開発コードネーム“Ivy Bridge”こと第3世代Core プロセッサー・ファミリーとしては初のデュアルコアCPUとなる「Core i5-3470T」のバルク品が発売された。

低消費電力CPU「Core i5-3470T」のバルク品が発売。デュアルコアのIvy Bridgeが登場するのは今回が初となる

 Core i5-3470Tは2コア4スレッドのLGA 1155対応CPU。モデルナンバーの末尾“T”が表すとおり、TDPが35Wと低消費電力なのが最大の特徴だ。動作クロックは2.9GHz(TurboBoost時3.6GHz)で、L3キャッシュは3MB。内蔵グラフィックス機能として「Intel HD Graphics 2500」を搭載する。
 価格はツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で1万6980円。PC DIY SHOP FreeTでも近日中発売予定としている。なお、今回入荷したCPUはバルク品のため単体販売は行なっておらず、マザーボードやその他のパーツとのセット購入が条件となる。

モデルナンバーの末尾“T”が表すとおり(SはTDP 65W、TはTDP 35~45Wを表す)、TDPが35Wと驚異的な低さ!

 ちなみに、週刊アスキーPLUSが行なったベンチマークでは、CINEBENCH R11.5のマルチコアではi5-3570K(3.4GHz)が6.01ptsのところ、i5-3470T(2.8GHz)では3.32ptsと、やはり2コアらしい性能。一方、システム全体の消費電力は、アイドル時はどちらも50W前後だが、i5-3570Kが高負荷時(OCCTでLINPACKテスト時)で98Wのところ、i5-3470Tでは72.6Wとだいぶ低消費電力な印象だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中