このページの本文へ

なんと2万円以下!「Walkman」の名を冠したAndroidスマホ

2012年06月08日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 音楽プレーヤーをワンタッチで起動できる「Walkman」ブランドのAndroidスマートフォン「Live with Walkman」(型番:WT19i)がJan-gle3号店にて販売中だ。メーカーはSony Mobile。カラバリはブラックとホワイトで、同店における価格はそれぞれ1万8800円。

本格音楽プレーヤーとしても使える「Walkman」ブランドのAndroidスマートフォン「Live with Walkman」が店頭に登場

 Live with Walkmanは、3.2型液晶(320×480ドット)を採用するコンパクトなAndroidスマートフォン。Walkmanの名を冠するだけに、音楽プレーヤー機能にフォーカスされた製品で、本体上部に音楽プレーヤーアプリをワンタッチ起動できる「Walkmanボタン」を搭載する。

 小型ながら音響効果に優れたステレオスピーカーを備え、ソニー独自のオーディオフィルター機能「xLOUD」に対応する。そのほかFacebookでアプリや音楽を簡単共有できる連携機能を持つなど、ソーシャル機能も充実している。Sony Mobile製端末ながら2万円を切る価格も魅力的で、スマートフォンを音楽プレーヤーとして活用したい人には興味深い選択肢になるかもしれない。

コンパクトなボディに映える「Walkman」ロゴ。本体上部には音楽アプリをワンタッチ起動できる「Walkmanボタン」を搭載する
側面には音量調節ボタンやシャッターボタンが並び、カバーの内側にはSIMカードスロットやmicroSDカードスロットがある。スロットには予め2GBのmicroSDカードが装着されていた

 CPUは1GHz動作の「Qualcomm 8255」で、搭載メモリーは512MB。ユーザーが使用可能な内蔵ストレージ領域は320MBで、外部ストレージには最大32GBのmicroSDカードが使用できる。背面に500万画素のカメラ、前面にはSkypeなどで使用できるカメラをそれぞれ備える。

 本体サイズは幅56×奥行き106×高さ14.2mmで、重量は115g。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応するほか、BluetoothやDLNAをサポートする。OSはAndroid 2.3を搭載するものの、近日中にAndroid 4.0へのアップグレードが行なわれる予定。

 なお、販売するJan-gle3号店によれば「次回入荷の予定はない」とのことなので、気になる人は急いだ方がいいだろう。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART