このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最強のデスクトップ推参! 「Endeavor Pro7500」ロードテスト-第1回

自作ライクなメンテナンス性を備える「Endeavor Pro7500」

2012年06月14日 16時40分更新

文● 星 紀明 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

拡張性とメンテナンス性の高さに注目

 コンシューマー向けPCの主流はノートや液晶一体型がすっかり取って代わり、国内大手メーカーのラインナップにはすでにセパレートデスクトップPCがないか、あっても省スペース型のスリムタイプがわずかに残るだけだ。しかし、相対的に存在感が薄れたとはいえ、タワー型デスクトップPCにはノートや液晶一体型にないメリットも多く、パワーユーザーを中心に根強い支持を受けている。

 エプソンダイレクトの「Endeavor Pro7500」は、同社のデスクトップPC製品の中でも最高峰に位置づけられるモデルで、スペックの高さはもとより、機能性に優れたアルミケースを採用するなど、文字通り“Pro”仕様のミドルタワーだ。すべてにおいて妥協することなく、ユーザーのこだわりを貫き通せるデスクトップPCはいまや希少な存在。しかも今回の試用機は、注文時のカスタマイズで選択できる最上級の構成だ。まさしくパワーユーザー垂涎の1台とも言える「Endeavor Pro7500」の実力を、これから全6回にわたって、さまざまな角度から検証してみたい。

「Endeavor Pro7500」
試用機の主な仕様
CPU Core i7-3960X(3.30GHz、ターボ・ブースト時最大3.90GHz)
メモリー 32GB(8GB×4、DDR3 1600MHz SDRAM)
チップセット インテル X79 Express
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 580(1.5GB)
ストレージ SSD 240GB(SSD 120GB×2 RAIDキット)
光学ドライブ Blu-rayドライブ(BDXL対応)
OS Windows 7 Professional 64bit(SP1)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART