このページの本文へ

CoolJag「JYC1R04ATPG-0」

危険!? 最大回転数9000rpmの超高速ファン搭載CPUクーラー

2012年05月30日 23時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CoolJagから回転数が最大9000rpmの超高速ファンを搭載したCPUクーラー「JYC1R04ATPG-0」が発売となった。販売元はワイドワーク。

CoolJagから回転数が最大9000rpmの超高速クーラーを搭載したCPUクーラー「JYC1R04ATPG-0」が発売
インテルのハイエンド向けプラットフォームLGA 2011専用のCPUクーラー。冷却能力も高そうだが、騒音レベルは一般家庭向けとはとてもいえないレベル

 この製品はインテルのハイエンド向けプラットフォームLGA 2011専用のCPUクーラー。アルミフィン+ヒートパイプを採用したヒートシンクに対して60mm角/25mm厚の冷却ファンがサイドから冷却する2U対応モデルとなる。
 特筆すべきはその冷却ファンスペック。サーバー/ワークステーション向けを意識した製品とはいえ、最大回転数9000rpm(PWM機能付)、ノイズレベル最大55dBA、風量50.4CFMというモンスターぶりとなる。試しに動作させてみるとヘアドライアー顔負けの騒音だった。
 サイズは90(W)×90(D)×64.3(H)mmで、重量は390g。取り付けはバックプレート固定方式を採用する。価格はツクモパソコン本店で6480円となっている。

サイドから吹き付けられたエアーはきれいに背後から抜ける

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中