このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

充実したBTOメニューで自作PC派も納得

ハイエンド構成に対応する高性能デスクトップPC「Endeavor Pro5300」

2012年06月04日 11時00分更新

文● 竹内 亮介、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最新CPUとビデオカードを搭載可能なハイスペック仕様

最新PCゲームや動画のエンコードを思いっきり楽しみたいので、ハイスペックPCがほしい。でも、最近のメーカー製PCはみんな液晶一体型かスリムなノートPCばかりで、スペック的に満足できない。かといって自作PCにするのは面倒だし、壊れたときの保証がないのはやっぱり不安……。

 そんな欲張りなユーザーにぴったりのPCが、今回紹介するエプソンダイレクトの「Endeavor Pro5300」である。自作PCでは一般的な、ミドルタワータイプの筐体を採用しており、筐体内部の空間が広く、高性能で幅の広いビデオカードも搭載可能。精緻なCGが魅力の最新3Dゲームも楽しめる。

 なお、本製品はBTOでユーザーの好みに応じてスペックを変更できる点も特徴。試用したマシンに搭載されたCPUは、4月24日に発表されたインテルの第3世代Core iシリーズ、いわゆる「Ivy Bridge」世代のCPU「Core i7-3770K」だ。

試用機は、Ivy Bridgeシリーズの最上位モデル「Core i7-3770K」(3.5GHz)を搭載していた

 またビデオカードは、AMDのシングルGPUとしては最上位の「AMD Radeon HD 7970」を搭載したモデルだった。大型のオリジナル冷却クーラーとビデオメモリの容量から推測するとSAPPHIREの「HD7970 3G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DUAL MINI DP OC VERSION」と思われるが、GPUクロックとメモリクロックは定格であり、オーバークロックモデルではない。

ビデオカードもAMDの単体GPUとしては最上位の「AMD Radeon HD 7970」を搭載するモデルだった

 どちらも最新の高性能PCパーツであり、その性能には大きな期待が持てそうだ。ちなみに今回の仕様機の構成例では43万6380円(ハイスペックがお得!キャンペーン(6月18日17時まで)適用後の価格)となる。おもな構成は下記の表を確認してほしい。

試用機の主な仕様
CPU Core i7-3770K(3.5GHz、ターボ・ブースト時最大3.9GHz)
メモリー 32GB(8GB×4、DDR3 1600MHz SDRAM)
チップセット インテル Z77 Express
グラフィック AMD Radeon HD 7970
ストレージ インテル スマート・レスポンス・テクノロジー対応 1TB(40GB SSD + 1TB HDD)
光学ドライブ Blu-rayドライブ
OS Windows 7 Ultimate 64bit(SP1)

訂正とお詫び:掲載時、製品仕様に関する記述に誤りがあったため修正しました。(6月6日)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART