アクロバット飛行もVeryEasy! スマホヘリ「AR.Drone」が2.0に

文●ASCII.jp編集部

2012年05月21日 23時19分

 ローターを4つ搭載した、仏パロット社の“クアッドリコプター”「AR.Drone」の後継機「AR.Drone 2.0」の発表会を都内にて開催した。

 AR.Drone 2.0は、スマートフォンやタブレットをリモコン代わりにして操作できる、4つのローターを搭載したヘリコプター。新たに1280×720ドット表示のカメラを搭載したほか、3軸の磁気センサーや気圧計を搭載したことで安定性が格段に向上したという。操作画面でボタンをダブルタップするだけで宙返りできるといったアクロバット飛行のコマンドも採用している。

 操作は、iOSやAndroidを搭載したスマートフォンやタブレットで無線を通じて行なう。通信半径は50mで、連続駆動時間はバッテリー1つで約12分。操作する端末に残バッテリーが数字で表示されるので、10%台になったらバッテリーを交換した方が良いだろう。対応するOSについては、どちらも最新バージョンに対応している。6月に発売される予定で、価格は現時点では未定。

 カメラなどの精密部分を保護する“ハル”と呼ぶ外装は、前モデルと同様に屋内用と屋外用の2種類。重量は屋内用が480g、屋外用はきちんと計測していないそうだが、ガロウ氏が言うには300gちょっとだそうだ。

■関連サイト

■Amazon.co.jpで購入

■関連記事