このページの本文へ

アルミボディーが眩しい!4型液晶搭載の「Xperia P」アキバに

2012年05月19日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高級感あるアルミ製ボディーを採用するSony Mobile製の新型スマートフォン「Xperia P」(型番:LT22i)がアキバの店頭に登場した。販売しているのはJan-gle秋葉原本店と同3号店。入荷したのは「Black」と「Silver」の2モデルで、同時に発表された「Red」は入荷していない。

遅れてやってきた新世代Xperiaシリーズの次男坊「Xperia P」。「Black」と「Silver」の2モデルが店頭に入荷した
高級感あるアルミ製ボディが一番の特徴。金属素材を採用しながらも重量は120gに収まっている

 2月に開催された「Mobile World Congress 2012」で発表され、海外で発売がスタートしたばかりのXperia P。アキバで先行して販売されている「Xperia S」と「Xperia U」の兄弟機にあたり、サイズ的には2機種の間に収まる4型液晶パネル(540×960ドット)搭載のスマートフォンだ。兄弟機と異なるソリッドなアルミ製ボディーが特徴で、高級感あるデザインに仕上がっている。

シリーズ共通のLEDイルミネーション「Floating Prism」ももちろん搭載。NFCに対応し、シール位置にチップが内蔵されている

 明るい場所でも画面をクッキリ視認できる「WhiteMagic」技術をXperiaシリーズで初めて搭載するほか、兄弟機と同様に「Floating Prism」と呼ばれるアクリルパーツを採用する。さらに近距離無線通信技術「NFC」(Near Field Communication)に対応するため、Xperia専用のNFCタグ「Xperia SmartTags」が使用できる。ただしパッケージには同梱されていないため、別途用意する必要があることは覚えておこう。

HDMIやUSBポートのほか、音量調節ボタンや電源ボタン、シャッターボタンが並ぶ。なお、カバーは取り外しができない仕様となっている

 主なスペックは、CPUがデュアルコアの「STE U8500 1GHz」、メインメモリーは1GB、ストレージ16GBなど。詳しくはこちらの発表記事を参照していただきたい。なお、出荷時の搭載OSはAndroid 2.3だが、今夏にAndroid 4.0へのアップデートが行なわれる予定。

 販売しているJan-gle各店における価格は各色4万9800円。ショップによれば在庫は少量で次回入荷時期も未定とのことなので、確実に入手したい人は急いだ方がいいだろう。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン