このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ドコモ夏モデル発表会 Xiスマホは11機種にFeliCa入りのGALAXY S III ― 第7回

ドコモ夏モデルフォトレポート 後編

【フォトレポ】らくらくスマホも! 個性が光るドコモ新端末をレポ

2012年05月17日 20時38分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモの2012年夏モデルは、最新OSの搭載やCPUの高速化により、どの端末も実にキビキビと動作していた。前編の最注目端末から趣向を変え、後編ではデザインやコンセプトがユニークな5機種を写真とともに見ていこう。

軽量・コンパクトが魅力の
Xperia SX SO-05D

 「Xperia GX」のカジュアルバージョンがこの「Xperia SX」。重量は95gで、とにかく軽い。LTE端末としてはもちろん最軽量だ。その名も「WALKMAN」というミュージックプレイヤーを標準搭載し、イコライザーやビジュアライザーで音楽を楽しめるのも、ソニー製端末ならではの魅力。ちなみにXperia GXと異なり、前面下部の「SONY」ロゴは製造コストの関係で点灯しない。しかし、Xperia GXが非対応のワンセグと赤外線に対応するなど、実は高機能な端末なのだ。

ソニー謹製のミュージックプレイヤーが搭載されているので、音楽好きにはたまらない
この端末はXperia GX。参考までに

 カラバリは4色で、性別や年齢を問わずに選べるのが◎。説明員によると、メインカラーをあえてブラックにしたのは、他のビビッドな色を際立たせるためだという。背面の質感はブラックとオレンジがマット調、ピンクとホワイトがグロス調となっている。なお、画像に写っているイヤホンは展示用の参考商品であり、付属品とは異なる。

カラバリが4色用意されているので、男女問わず人気が出そう

 各機種の中での微妙な色の違いに注目。本体は前面上下と背面上下の計4種類のパーツからできており、基本的に色と素材、質感を意図的に変えてある。ただし、ピンクに限っては「色や見た目があまりに違いすぎるのは好きじゃない」という日本人女性からの声を尊重し、可能なかぎり統一感を持たせてあるとのこと。よく見ると、各パーツを区切るラインやカメラレンズまわりのリングも、本体色ごとに異なる色を採用していることが分かる。

本体色ごとに若干の違いがあるので、ただの色違いではない

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART