このページの本文へ

あのNokia製Windows Phoneが3万を切る値段でアキバに入荷!

2012年05月17日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows Phone 7.5を搭載するNokia製スマートフォン「Lumia 610」がアキバの各店に入荷している。入荷を確認したのはJan-gle秋葉原本店と同3号店のJan-gle各店、イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店だ。

Lumiaシリーズの“末っ子”「Lumia 610」がアキバ店頭に登場。Windows Phone搭載端末の中でも思い切った価格設定で話題になった

 Lumia 610は、NokiaのWindows Phone搭載スマートフォン「Lumia」シリーズの4機種目となる製品。ローエンドクラスに位置づけられる同モデルは、2月にバルセロナで開催された「Mobile World Congress 2012」において発表され、Windows Phone搭載端末としては異例の200ユーロを切る価格設定に注目が集まった。

POPでカラフルな4色のカラバリを備える。「Black」と「Magenta」はマットなツヤ消しタイプ、「Cyan」と「White」は光沢のあるツヤありタイプのフレームを採用

 CPUはシングルコアの「Snapdragon MSM7227A」(800MHz)、メモリーは256MBとスペックは高性能ではないものの、動作は軽快でコストパフォーマンスは高い。「Black」「Cyan」「Magenta」「White」のPOPな4色のカラバリを揃え、価格と相まってより若者向けを意識したスマートフォンともいえそうだ。Windows Phone端末を気軽に試してみたいというユーザーにもピッタリな選択肢になるかもしれない。

これまでのLumiaシリーズとは異なり、背面カバーは脱着可能で、バッテリーとmicroSIMカードスロットにアクセスできる。背面には500万画素のカメラを搭載
左側面には電源ボタン、音量調節ボタン、シャッターボタンなどの操作ボタンが並ぶ。上部側面には充電用のmicroUSBコネクタとイヤフォンジャックを備える

 本体サイズは幅62.2×奥行き119.2×高さ12mmで、重量は132g。3.7型TFT液晶(480×800ドット)を採用し、内蔵ストレージは8GB。microSDスロットは搭載しない。Jan-gle秋葉原本店と同3号店のJan-gle各店と、イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店において、それぞれ2万9800円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン