このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第250回

小田原漁港×オリンパス「OM-D」で猫散策

2012年05月11日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
トラックの前でのんびりくつろいでいる猫。右耳のさきっちょと花周りの黒くて精悍な模様がポイント。正面にしゃがみこんでチルト式液晶を見ながら猫目線で撮影(2012年4月 オリンパス OM-D E-M5)
トラックの前でのんびりくつろいでいる猫。右耳のさきっちょと花周りの黒くて精悍な模様がポイント。正面にしゃがみこんでチルト式液晶を見ながら猫目線で撮影(2012年4月 オリンパス OM-D E-M5)

 GWも終わりましたなあ。猫好きのみなさまにおかれましては、お出かけ先でいろんな猫に出会われたと思いますが、わたしも出かけたらどこかで猫に出会わないと気が済まないタチで。

 小田原まで撮影に行った日も、「ここまで来て猫に会わないのはもったいない。さてどこにいるだろう」とiPhoneの地図を呼び出すと、小田原城からちょっと離れたところに漁港を発見。小田原城ってとても海に近いのだ。

 そこにいないわけがない。距離にして東海道本線ひと駅分。歩けない距離じゃないし、行っちゃえ、と向かったのはいいのだが、もちろんアテはない。

 しばらく歩いてたどり着いたものの、さて猫はどこで遊んでいるか。

 首からカメラを提げ、「にゃあにゃあ」いいながら狭い路地を覗き込んだり車の下を覗き込んだりしている姿は若干不審者である。これが平日で場所が住宅街だったりすると通報されかねないレベル。

 こういう日に限ってなかなか出会えない。ぐるっと回って、出会えずに、また戻ってきて、いやいや、むしろ人通りが少ない裏道にこそいるはずだと角を1本曲がると……いたっ。

猫がとことこと歩いていたので声をかけたら立ち止まってくれた。後ろに見えているのがたぶんおうち。首輪には鈴。口元にグレーの毛がまじってるせいで、いつも口を開けてるようにみえちゃう(2012年4月 オリンパス OM-D E-M5)
猫がとことこと歩いていたので声をかけたら立ち止まってくれた。後ろに見えているのがたぶんおうち。首輪には鈴。口元にグレーの毛がまじってるせいで、いつも口を開けてるようにみえちゃう(2012年4月 オリンパス OM-D E-M5)

 飲食店の裏にあたる通りを首輪をつけた猫がのんびり歩いてるじゃないか。

 声をかけると「にゃあ」といってこっちを振り向く。飼い猫だけあって人に慣れてる。

 逃げないどころか日向にぺちゃっと座り込んだので、これはチャンス、とこっちもしゃがんで撮影をはじめたら、ああ、この猫ときたら、遊んでもらえると思ったのかこっちへとことこと歩いてくるじゃないか。遠すぎても困るけど、近すぎても撮れないのである。

こちらへ無造作に近づいてきたので左手人差し指を伸ばし、そこに鼻をこすりつける瞬間を狙って撮影。こうすると、近づいてくる猫の動きを一瞬止められるという効果もあるのだ(2012年4月 オリンパス OM-D E-M5)
こちらへ無造作に近づいてきたので左手人差し指を伸ばし、そこに鼻をこすりつける瞬間を狙って撮影。こうすると、近づいてくる猫の動きを一瞬止められるという効果もあるのだ(2012年4月 オリンパス OM-D E-M5)

 しょうがないのでとっさにズームレンズを広角側にし、左手をさっと差し出して鼻先を押しつけてくる瞬間を狙ってパシャリ。

 さすが人慣れした飼い猫。狙い通りの写真となりました。

 あまり人なつこいので撫でてやっていると、飼い主らしきお店の人が通りかかったので挨拶。挨拶は大事であります。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART