このページの本文へ

新iPadをノートPCライクに使える定番レザーケースが登場

2012年05月10日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Bluetoothキーボードを内蔵する、新型iPad対応のレザーケース「無線式キーボード内蔵iPad3rd対応革ケース」(型番:CWKFIP08)がサンコーレアモノショップ秋葉原総本店に入荷している。

スタンド機能付の折りたたみ式レザーケースに新型iPad対応モデルが登場。Bluetoothキーボードを内蔵し、iPadをノートPCのように使用できる

 iPadをノートPCのように使用できる定番レザーケースに新型iPad対応モデルが追加された。カバーケース部分は新型iPadの厚みに合わせた専用設計。ただしショップによれば「iPad 2で試した際も問題なく装着できた」とのこと。

ケースは畳んでコンパクトに収納できる。Bluetoothキーボードはシリコン製で、iOS操作に便利なショートカットキーも搭載

 iPadに最適なMac英語配列のレイアウトを採用し、疲れにくいシリコン素材を使用するキーボードは長時間のテキスト入力でも問題なし。便利なショートカットキーも搭載し、iPadによる入力作業の効率を大幅に向上させてくれる。さらに、操作ボタンやコネクター部分が露出しているため、ケース装着後もiPadの操作性を損ねることなく使用できるのは嬉しいポイントだ。

iPad 2版(左)と比較すると、フロントカメラ用ホールが用意されるなど、多少マイナーチェンジが施された。質感も新型(上側)の方がより革らしい加工に
背面カメラやスピーカー用のホールも新たに用意され、全体的に使い勝手が向上しているようだ

 本体サイズは幅247×奥行き197×高さ27mmで、重量は585g。キーボードはmicroUSBケーブルを使用して充電し、フル充電時(所要時間は4時間)なら最大約90時間使用できる。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて4980円で販売中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART