このページの本文へ

GIGABYTE「G1.Sniper 3」

4-way SLI/CrossFire X対応のゲーマー向け最上級Z77マザー

2012年05月09日 23時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTE製マザーボードのゲーマー向け「G1.Sniper」シリーズから、最新のZ77チップセットを搭載したハイエンドマザーボード「G1.Sniper 3」が発売された。

最新のZ77チップセットを搭載したGIGABYTE製マザーボードのゲーマー向け「G1.Sniper」シリーズ、その名も「G1.Sniper 3」

 「G1.Sniper 3」は、Micro ATXフォームファクターとなる「G1.Sniper M3」の上位となる製品。「GIGABYTE 7シリーズ」の特徴であるDual UEFI(3D BIOS)、デジタルPWM、Ultra Durable 4のサポートに加え、シリーズの特徴である「Super Sight」(4-wayのCrossFire XとSLI)、「Super Hearing」(Creative Sound Core3Dオンボード)、「Super Speed」(IntelギガビットLAN+Killer E2200搭載/USB 3.0とSATA3.0を搭載)、「Super Shield」(多彩なデザインのヒートシンク/5つスマートファンコネクターを搭載)などのオリジナル機能を備える。また、Bluetooth 4.0/WiFi対応の拡張カード「GC-WB300D」も同梱されている。

4-wayのCrossFire XとSLIをサポートする拡張スロットは、PCI Express(3.0) x16×4、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×1という構成だ
PLE製コントローラー「PEX 8747」を搭載することでPCI Express x16を増幅。オールx8動作の4-wayのCrossFire XとSLIをサポートする

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×4(x16+x16もしくはx8+x8+x8+x8)、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×1、メモリースロットがDDR3-DIMM×4(DDR3-2666(OC)/1600/1333/1066、最大32GB)。オンボードインターフェースとして、デュアルギガビットイーサネット(Intel+Killer E2201)、8chサウンド(Creative/CA0132)、SATA2.0×4、SATA3.0×6、mSATA×1、USB 3.0×10、IEEE1394などを装備。I/O部にはグラフィック出力機能としてD-sub/DVI-D/HDMI/DisplayPortを備える。
 なおサイズは30.5×26.4cmで、E-ATXフォームファクターとなるため搭載ケースには注意が必要だ。
 価格は2万9980円。ドスパラ パーツ館やツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.(完売)で販売している。

I/O部にはグラフィック出力機能としてD-sub/DVI-D/HDMI/DisplayPortを搭載。Bluetooth 4.0/WiFi対応の拡張カード「GC-WB300D」も同梱する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中