このページの本文へ

サンワサプライ「リストレストトラックボール」

長時間使っても疲れないリストレスト付きトラックボールが発売中

2012年05月02日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キーボードの下側に置くことでノートPCのようにマウスのポインター操作やクリックが行なえるリストレスト付きトラックボール「リストレストトラックボール」(型番:MA-TB42BK)がサンワサプライから発売された。

キーボードの下側に置くことでノートPCのようにマウスのポインタ操作やクリックが行なえるリストレスト付きトラックボール「リストレストトラックボール」

 リストレストは、長時間の使用でも手首の負担を軽減させるウレタンパッド素材を採用している。正面やや左寄りに配置されたトラックボールはノートPCのような感覚で入力操作が快適に行なえ、親指でも、人差し指でもボール操作が可能となる。
 光学センサーの解像度は800dpiで、オートスクロールが可能な第3ボタンを搭載し、クリックしてからボールを前後左右に動かすことで簡単に画面をスクロールすることができる。サイズは316(W)×60(D)×36(H)mmで、重量は240g。インターフェースはUSBで、ケーブル長は1.6m。
 価格はパソコンハウス東映で4380円だ。

正面やや左寄りに配置されたトラックボールはノートPCのような感覚で入力操作が快適に行なえ、親指でも、人差し指でもボール操作が可能となる

【取材協力】

カテゴリートップへ