このページの本文へ

1インチの厚みで戦場での使用も想定 超重量級iPhoneケース

2012年04月20日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界最重・最硬を謳うユニークなマルダイ製のiPhoneケース「iPhone4用『1インチ装甲ケース』」のサンプル展示がオリオスペックで始まっている。

世界最重・最硬!時流に逆行するかのような重量級ケース「iPhone4用『1インチ装甲ケース』」が登場

 50口径(12.7mm)弾の直撃を想定して設計されたという、鋼鉄の装甲プレートを装備するiPhone 4用ケースが登場した。シリコン製の保護カバーを装着したiPhone本体をアルミ製フロントカバーと装甲プレートでサンドイッチにする構造で、これまでにない圧倒的な堅牢さが魅力の製品だ。重量はなんと2.1kgで、メーカーWebサイト上でも「足の上に落とすと確実に大ケガします」と注意喚起がなされているほど。

これが自慢の装甲プレート。iPhone本体に傷がつかないようシリコン製の保護カバーも付属している。携帯性ははなはだ怪しいと言わざるを得ない……

 そのほかにも同社Webサイト上では「実用性はまったくありません。使いにくい等のクレームは受け付けません」「被弾後のiPhoneの動作は保証しません」などの冗談のような警告文が列挙されており、ケースとしての使い勝手は期待できそうもない。とはいえ、他人とは違う“世界最高”を突き詰めたい人、やむなく戦場に足を運ぶ可能性のある人(?)には注目のケースといえるかもしれない。

ぶ厚いアルミ製カバー(こちらは防弾性なし)に覆われ、ボタン類へのアクセスは棒でもなければほぼ不可能。確かに、実用性はないと半ば開き直るメーカーの警告文がわかる
保護用のレンズを備えるカメラ部分は、装甲プレートごしということもあり、視界がかなり狭まってしまう。というかライフルのスコープ越しのような見た目で、かえって変な味が出ている

 本体サイズは幅81.8×奥行き138×高さ39.6mm。対応機種はiPhone 4で、iPhone 4Sの対応は未定とのこと。ケース本体のほか、固定用のM4キャップボルト4個、六角レンチと予備のカメラレンズ用カバーが付属する。

 ちなみにアルミ製カバーのカラーが異なる「黒バージョン」「白バージョン」の2色がラインナップされるものの、現在のところどちらも展示中のオリオスペックでの入荷予定はなし。直販サイト上での価格は5万2500円だが、こちらも現在売切中という状況だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART